書籍の詳細

高校生の理央がゲイクラブで知り合った意外な人物。それは同じクラスの塚本悦史。超俺好みの悦史…だけどあいつも“も”「受け」だった。「俺は男に抱かれるのが好きなんだ」なんて言われたらもう付き合えない…だけど俺は、そんなお前に抱かれたい――。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ルールそのいち 完全版のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 村上左知さんの絵柄が可愛らしくて好きなんです~さらっとしたさっぱり吊り目顔。冬水社で描かれている頃から注目していた作家さんです。こちらは受け×受けのBLなんですが、私に受け同士の良さを教えてくれた作品です! それまで私は受け×受けって好きじゃなかったんです。せっかく男同士なんだから男らしいのがまぐわっていてほしい!という思いがあったんですね(笑) で、読まず嫌いだったのですが、村上左知さんの作品はよく読んでいたので、この単行本が出た時も、受け×受けか~…う~ん…と悩みながら、でも好きな作家さんだし…と思い切って買ってみたら……大成功でした!!!!! 「受け同士だから好きにならない」というルールなのに、好きになってしまう2人の、甘酸っぱい青春ラブストーリー。高校生同士のぼんやり天然キレイ系受け×素直で気が強いかわいい系受け(鉄則!)のカップルで、ピュアピュアでと~~~っても可愛らしいんです!!(*^o^*) 2人ともオトメです☆ 甘くて、切なくて、可愛くて、BLのいいところ全部つまってます! 胸キュン☆間違いなし! 最終的にはリバになるのですが、これは2人とも可愛いのでリバが苦手な方でもすんなり読めてしまうかと思います。BL初心者さんにもオススメ! あ、ルールは破るためにあるのですね!(笑)(・ω・)b
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年07月16日