書籍の詳細

伴省吾は、福岡市内のイタリアンレストラン「サンマルツァーノ」でアルバイトしつつ調理師免許もとって、将来は恋人・恵理と店を持つことを漠然と夢見る大学3年生。ある日、店のオーナーから、彼の弟分がオーナーシェフを務める東京・六本木の店へのヘルプを勧められる。だが、その調理場のペースに全くついていけず、皿洗いに回されてしまい…!?調理場という名の戦場を描く、イタリアン料理人成り上がりストーリー!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

バンビ~ノ!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • イタリア料理ってすごくないですか。私は結構すごいと思うんですよね。なにがすごいって、イタリア料理ってとりあえず全部おいしそうに見えるじゃないですか。これってかなり大事なことだと思うんですよ。おいしいかおいしくないかの前に、料理としておいしそうに思えるかどうか。これはかなり重要です。自分が外国人だったとしたら、和食というものをどういう風にとらえるかをちょっと想像してみてください。……想像していただけましたでしょうか? 本当に想像しましたか?? 多分、若干とっつきにくいと思うんですよんね。でも食べたらおいしい。なんかツンデレの構図に似ています。ところがイタリア料理ときたら、すごくカジュアルなたたずまいで、でもって食べたら期待を裏切らないおいしさじゃないですか。素晴らしいですよね、本当に。さて今回ご紹介するのは『バンビ~ノ!』です。若き料理人・伴省吾は故郷の福岡から上京し、六本木のイタリア料理店での修行の日々が始まります。厨房の熱気と料理に対する熱気、そしてその他いろんな熱気がビシビシと伝わります。そして、福岡の方言ってとてもいいですね。続編の『バンビ~ノ! SECONDO』とあわせてイッキにお楽しみください。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年08月05日