書籍の詳細

あのころ誰もがバカだった。思い出したくない、でも笑える思い出満載!完全実話・オールカラーイラスト抱腹絶倒エッセイ!!「場末のスナックで隣りあったオヤジに、どうでもいい昔話を延々聞かされてるうち、なぜか楽しくなって意気投合しちゃう。翌日はぜんぶ忘れちゃうけど。そんな本です、これは。」(都築響一氏)

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

バカ男子のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  •  「思い出すだけで胸のこの辺と脳のこの辺がキリキリと痛み出し、『あ゛あ゛あ゛あ゛』と叫びたくなるような、そんな嫌ぁ~な思い出」を読者に笑い飛ばしてもらおう、という意図でまとめられた清野とおるの『バカ男子』。冒頭から引用してしまいましたが、『あ゛あ゛あ゛あ゛』体験は、誰でも持っているはず。この本は、コマ割りのマンガではなく、文とカラーイラスト、そして著者の当時の写真を交えての『あ゛あ゛あ゛あ゛』の思い出話集。小学生から高校生までの多感な時期に起こった珍事件のエピソードで構成されています。私が一番笑えたのは、小学2年生の時に友達が家から1万円をくすねてきて、二人でそのお金を使うくだり。駄菓子屋へ行ったりメダルゲームを楽しんだりするのですが…その結末に思わず噴き出してしまいました。この本を笑いながら読んで思ったのは、著者が言うように、『あ゛あ゛あ゛あ゛』体験はネタとして人に笑ってもらって浄化すべきですね。(2011.2.27)
    • 参考になった 1
    投稿日:2011年03月08日