書籍の詳細

自らを「魔王」と称する子供たちに「喰われ続ける」運命を担った小学校教師・作馬。現実と異世界、そしてその両方の破滅を目論む者たちのバトルを描いた、戦慄のアルティメット・デッドエンド・ホラー!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

誰かがカッコゥと啼くのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • (1)主人公・作馬は小学校教師で、その教え子たちが実は“魔王”。(2)作馬が原因で世界は変質し、その世界を救えるかどうかも作馬次第。(3)世界の存亡がかかっているわりに直接描かれるのは小学校からせいぜい数km範囲内での出来事。と、いわゆる「セカイ系」に属し、いかにもゼロ年代らしい作品。年齢を重ねるにつれてだんだん楽しめなくなるジャンルですね。食わず嫌いをしていたのですが、いざ読んでみるとこれが意外と面白い。作者は結構若いのだろうなと調べてみたら…今年でデビュー14年なんですね。作品以上にそこが一番衝撃的でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年06月15日