書籍の詳細

百絵&アーサーに進展アリ…!? 好きである、というようなことを言ってくれた。人生初キスも彼にもっていかれたし、このままの流れで、もっと先の、先までぶち破っていく… なんとなく、きっとそうなんだろうと思っていた。でも。「わたしもすきだ」この一言が、どうしても言えない。自分の気持ちなのに、よく分からない。…でも。頭の中は、あなたでいっぱい。【電子版特典】は、「カラー扉絵」計7点!! 雑誌掲載時にカラーだったページの他、各話の扉絵に特別に着色したものも掲載されている特装版です!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

5時から9時までのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 5時から9時まで
    先日、私の友人(出版社勤務・男・36歳)が、しみじみとした口調で言いました。
    「もう、いっそ最初から決めて欲しい。この人と結婚するんですよって。そうじゃないと決められない」
     バカじゃないの!なんて言いながら、でも内心では、本当にそうだよな…なんて思ってしまった。もし少しでも、私のこんな気持ちや友達のバカな一言に共感する人は、どうか本作を読んで欲しい。
    理想がある。なのに、理想とは程遠い人を好きになってしまう。でも理想じゃないから素直に好きと言えない、言いたくない。SEXしてもドキドキしてない振りをしてしまう。上手く恋ができない。そんな不器用な人達の恋の物語です。
    投稿日:2015年08月28日