書籍の詳細

脳を鍛える脳活ドリル 時代を切り取るビジュアル週刊誌!グラビアからマネー情報、社会問題まで、20~30代サラリーマンが今、一番読みたい情報が満載。 ●定価表記、誌面内の目次やページ表記等は紙版のものです。一部の記事は電子版では対応していない場合がございます。 ●紙の雑誌とコンテンツが異なる場合や、ページやコーナーの一部が掲載されてない場合がございます。 ●プレゼントや割引きクーポンなど、紙の雑誌をご購入いただかないとご利用になれないコンテンツが含まれる場合がございます。 ●[連載]なんでこんなにアホなのか?/菅野完 沖縄の外にいる人間が沖縄を語るとき、できることは何なのか●今週の顔/沖縄県知事選「弔い選挙」の舞台裏 故・翁長知事の後継候補は?●今週の表紙/浅川梨奈●みうらじゅん×リリー・フランキーのグラビアン魂/グラビアン魂新人オーディション2018受賞記念撮りおろし●目次●今週の顔/トルコリラ・ショックで破産者続出!? エルドアン大統領vsトランプ大統領の仁義なき闘い●危険なダムワースト10 西日本豪雨災害で放流、決壊で被害多数、堤防補強は後回し?●日本が移民国家になる日 外国人労働者大幅受入、入国管理庁はやる気十分●小泉進次郎と金正恩、もし闘わば●酷暑で繁華街からは消滅!家出少女に異変アリ●[連載]言論ストロングスタイル/倉山満●[連載]ニュースディープスロート 阿波おどり振興協会理事長/麻生太郎/太田光/山口直哉(済美高校野球部)●[連載]ドン・キホーテのピアス/鴻上尚史●脳を鍛える脳活ドリル 記憶力低下、出ないアイデア、仕事のミスは老化?●ドケチ節約甲子園 水は公園、10円爆買い、年収300万以下の生活実践術●非ヌキ風俗の見抜き方●扶桑社新刊情報 MAMOR2018年10月号好評発売中●[連載]ゴーマニズム宣言/小林よしのり VXガス暗殺団との戦い●[連載]さよならアメリカ/渋谷直角●[連載]湯遊白書/まんしゅうきつこ●[連載]アラサーちゃん/峰なゆか●[連載]ぼっち村/市橋俊介●[連載]全員くたばれ!大学生/サレンダー橋本●美女地図/華村あすか 案内人:前田けゑ●マネー得捜本部 不祥事銘柄のリバウンドで確実に儲ける方法●暴走する正論の正体 古市憲寿×古谷経衡●[連載]ネコノミクス宣言/猫組長×西原理恵子●[連載]東京スナイパー/大根仁●[連載]革命前夜のトリスタたち/上杉隆●[連載]ひろゆきのネット炎上観察日記●[連載]他人円満/犬山紙子●[連載]最速でおしゃれに見せる方法/MB●カルチャー★フェス2018●Present&Information●1500円でべろべろに酔う●[連載]週刊・匿名記者座談会●[連載]大J林/千原ジュニア●[連載]バカはサイレンで泣く●エッジな人々インタビュー/沼口麻子 シャークジャーナリスト●[連載]SPA! AUTOCLUB●ギークロ通信 お役立ちサブキーボード●[連載]S級グルメ●[連載]SKE48ふたり遊び●[連載]俺の夜●[連載]佐藤優のインテリジェンス人生相談

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

SPA!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • みうらじゅん×リリーフランキーによるグラビアアイドル評論トーク「グラビアン魂」と青木雄二のヒットマンガ「新・ナニワ金融道R(リターンズ)」が看板企画の「SPA!」で、猪瀬直樹さんが力の入った連載「民警」を開始した。5月連休直前の5月5日・5月12日合併号が第1回で、創刊27周年記念号となった6月9日号で早くも第5回を数えています。医療法人・徳州会からの資金提供問題で東京都知事を辞任して以来、沈黙を保ってきた猪瀬さんが作家活動再開の第1弾に選んだテーマは、「民間警備会社」。

     猪瀬さんは復活のノンフィクション作品を次のように書き始めました。
    〈渋谷駅前のスクランブル交差点にしばらくたたずんでいるだけで我われは定められたルールにのっとった秩序のなかにいると自覚できる。交通信号が切り替わるといっせいに人が波となって動き出す。電車や車が発する騒音が聞こえない無音の世界なら、整列行進は神に操られているかのようにすら見える。
     もしそこに異物が、隕石であっても爆弾であっても、いきなり炸裂したら均衡は一気に崩れるのである。
     ・・・・・・再開発の工事が進捗中の渋谷駅とそれを跨ぐ首都高速が接近して見える雑居ビルの一室で、僕はこの「もし」について考えていた。〉

     猪瀬さんと向かい合う二人の男――一人は白髪混じりの短髪、やや小太りの体躯で年齢は60歳に近い。もう一人は痩身で浅黒い顔、薄いグレーに花柄斑点のウエスタンシャツの下に筋肉質で敏捷な身体能力が隠されていると察知できる。実年齢は50歳の男。

    〈「実際に地中海のマルタ島で民間武装警備員の訓練をしたのですが・・・・・・」
     小太りの男、民間の警備会社ライジングサンセキュリティーサービスの八木均社長は、秘密を打ち明けるように慎重に口火を切った。(中略)
     八木社長は隣に坐っている人物、伊藤祐靖(すけやす)氏を紹介した。伊藤は元海上自衛隊2佐で、自衛隊初の特殊部隊「特別警備隊(特警隊)」の創設に関わった人物である。伊藤は1999年に北朝鮮の「不審船」追撃に従事した経験から、米海軍シールズなどと交流を進め、特警隊の先任小隊長を努めた。その後、「自分がやらなければならないことがある」と自衛隊を退職している。〉

     1964年の東京オリンピックの2年前に設立され、選手村警備を担当したことが業界1位のセコム(当時の社名は日本警備保障)その後の飛躍のスタートとなった。業界2位の綜合警備穂書はオリンピックを挟んだ1965年の創業です。東京オリンピックの時代に生まれ、戦後日本の重大事件の裏面に深く関わってきた「民警」。安倍首相が推し進める「安保法制」とも無縁ではいられません。昭和史と「民警」の裏面史に猪瀬直樹さんはどこまで迫っていくのか。いま、SPA!から目が離せません。(2015/6/5)
    • 参考になった 5
    投稿日:2015年06月05日