書籍の詳細

人を人とも思わない非道なゴキブリ野郎を始末するには、こっちもまともじゃいられねえ…。表彰も多いが、懲罰も多いゴキブリ刑事・鳴神鉄也、己の道が血で染まろうとも悪を野放しにはしておけない。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ゴキブリ刑事のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • この作品のウリは一も二も無くタイトルでしょう。刑事といえばいろいろ枕詞がつくもんですが(ジーパンetc.)いくら何でもゴキブリはねぇだろうよ! 上司から「おい!ゴキブリ!」って呼ばれるんですか? 後輩が入ってきてもきっと「ゴキブリさん」呼ばわりでしょうね。『キテレツ大百科』におけるみよちゃんの「ブタゴリラくん」並みに失礼です。悪気が無いのがタチ悪い。自分が刑事だったとしてこんなあだ名つけられたらもう翌日から出勤できないですよ。とまぁこう書きましたが実際には主人公が「ゴキブリ刑事」と呼ばれることはないですすみません。でもこのタイトルには思わずイチャモンつけたくなるパワーがあるんですよ。内容はとてもハードな劇画でギャグ要素なんて一切無いです。あ…ほとんど内容紹介になってないや…。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月11日