谷川流

KADOKAWA / 角川書店

ジャンル:ライトノベル

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2013年04月05日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

涼宮ハルヒの消失の内容

シリーズ書籍一覧 12冊を配信中

涼宮ハルヒの消失の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。」という台詞が有名ですよね。ご存じの方も結構多いんじゃないでしょうか? また、テレビアニメや映画も放送・放映された大人気作品です。そんな涼宮ハルヒシリーズの1作目である『涼宮ハルヒの憂鬱』っていつ発売されたのかなぁ、と調べてみたらなんと2003年!10年以上前なんだとわかって驚愕しました。確かに学生時代に買って読んだよなぁ、と懐かしさに震える私。。。

でも、何度読んでも面白いんです。第1作目である『涼宮ハルヒの憂鬱』はどこにでもある高校生活なんだけど、なぜかハルヒの周りには宇宙人や未来人、超能力者が集まってきて楽しみつつもメランコリーな雰囲気も味わうことができる名作です。2作目の『涼宮ハルヒの溜息』では、文化祭に出すための自主制作映画を作ったり、3作目の『涼宮ハルヒの退屈』では野球大会に出たり孤島で夏合宿していたらとある事件が起きたり…と、どの巻から読んでも楽しめると思います。

そんな「涼宮ハルヒシリーズ」の個人的な楽しみ方をお話すると、まずは「憂鬱」を読んでいただきたいんです。ここで人間関係とか基本的な設定などを知って頂き、続刊でちょっと変わったメンバーたちとの高校生活を楽しんでください。さらに4作目の「涼宮ハルヒの消失」ではシリアスな雰囲気も楽しんでいただけます。ここまで読めばもう続きが読みたくなることうけあいですね。ちなみに「消失」の次の巻は『涼宮ハルヒの暴走』というタイトルで、ハルヒに振り回される夏休みのお話がある有名な「エンドレスエイト」が載っています。まさに暴走!?個人的に大好きなお話です。

と、長々と書いてきましたが、現在「憂鬱」から「驚愕」まで11冊配信中です(「驚愕」は前後編)。さらに『涼宮ハルヒの観測』というオフィシャルファンブックも出ております。ぜひ皆様も『涼宮ハルヒ』の世界をお楽しみいただければ嬉しいです!

<タイトル一覧>
涼宮ハルヒの
憂鬱→溜息→退屈→消失→暴走→動揺→陰謀→憤慨→分裂→驚愕
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。