書籍の詳細

人間が妖精を使役する、ハイランド王国。少女アンは、一流の銀砂糖師だった母を亡くし、あとを継ぐことを決意する。銀砂糖師とは、聖なる砂糖菓子を作る特別職のことで、王家勲章を持つものしか名乗れない。用心棒として、美形だが口の悪い戦士妖精のシャルを雇い、旅に出たアン。人間に心を閉ざすシャルと近付きたいと願いつつ、王都を目指すけど……!?審査員全員が激賞!!第7回小説大賞審査員特別賞受賞作!!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

シュガーアップル・フェアリーテイルのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    完成度の高いファンタジー
    人間、妖精、銀砂糖の3つを主軸に物語が展開するのだか、その3つの関係やバランスがとても上手に作られています。
    設定がよく作り込まれており、特に主人公や人間のメインキャラの多くが職人という目線から、妖精と人間の関係という大きな問題に関わるのが斬新で面白い。
    キャラクターも魅力的で、善悪敵味方という単純な区切りではなく、それぞれの背景や価値観が行動に繋がった結果が物語の展開に繋がるので、どのキャラクターも最終的にはそれぞれ好きになってしまいます。
    イラストも可愛く物語の雰囲気に合っており、外伝にちょこっと収録されている漫画もよかったです。
    特に恋愛よりも物語に主軸を置いたものが好きな方にお勧めです。
    • 参考になった 11
    投稿日:2015年10月20日