書籍の詳細

ソルヴェール国の第一王女・レティーツィアは、将来自分が“女王になる”ことを知っていた――。結果、優秀な兄たちの“おこぼれ”で王位が転がり込んできたレティは、王の専属騎士団(ナイツ・オブ・ラウンド)を作るべく、漢(おとこ)の中の男と評判の騎士・デュークを強引に勧誘。けれど彼は「『おこぼれ姫』の愛人と呼ばれるのは願い下げ」と一刀両断!!ますます彼がほしくなったレティは……!?第13回えんため大賞優秀賞受賞作!!

総合評価
4.8 レビュー総数:4件
評価内訳

おこぼれ姫と円卓の騎士のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    おこぼれ姫
    最初に見たのは漫画だったのですが、面白かったので、13冊まとめ買いしました。
    面白かったです。その後は新刊を見かけたら買ってます。今度ので最終みたいですが、それだと円卓の騎士が全て揃わないような気がするのが残念です。もしかして兄様かなとは思いますが。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年08月11日
  • 匿名希望
    割引なら即購入、定価でもおすすめ
    買って損はないと言い切れる作品です。
    女性向けのラノベとしては、恋愛面での描写がかなり少ないですが、その分他の部分が十分面白いです。
    基本的には宮中を舞台にした政治+少し冒険な感じの話です。
    それにほんの少しだけファンタジーが混じります。
    その混じり具合が絶妙なので、ファンタジー好きにも、逆にご都合主義で好きじゃない人にも楽しめます。

    一番の魅力はキャラクター。
    多彩なキャラクターはそれぞれ魅力的で、印象に残ります。
    特に主人公のレティは強く男前で、でも内面のほんの少しの弱さが凄く可愛らしい王女(女王)様です。

    次の魅力は複線の巧みさ。
    巻を通して一気読みすると、以前の巻にも沢山の複線が仕込まれていたことに気付きます。

    そして、とても素敵な挿し絵も収録されており、文句なしです。

    唯一の欠点は紙の方が発売が少し早いことかな。
    • 参考になった 6
    投稿日:2015年12月16日
  • 匿名希望
    おすすめ!
    ラノベだからって期待してなかったんですが、読み始めたら止まらなくて最後まで読んじゃいました(*゚▽゚*)
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年08月19日
  • 匿名希望
    面白い
    受賞作品ということで、シリーズものでしたが購入してみました。一気に配信されているものを購入してしまうくらい面白かったです。主人公のレティが女性ながら、とても格好良く素敵でした。
    • 参考になった 5
    投稿日:2013年08月04日