書籍の詳細

奇々怪々たる秘術「魔界転生」を操る怪老・森宗意軒が、再び徳川頼宣の前に現れた!! いよいよ魔界衆と紀州藩の企みが白日の下に晒される日がやってくるのか!? そして、動き始めた荒木又右衛門に柳生十兵衛は如何にして対抗するのか。長い長い退魔の旅、その終わりは近い!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

十 ~忍法魔界転生~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 鬼才がもう一人いた
    鬼才と言われるとまず思い浮かべる方に山田風太郎氏も当然入っております。
    血湧き肉躍るような戦闘やエロスのみならず、開けてはならない箱を開けてしまった、見てはならないものを見てしまったような妙な背徳感と、刃のようなリアリズム、そして、生きる哀しみが山田風太郎氏の作品の数々から感じられるのですが、コミカライズは非常に困難だろうと思っていました。
    コミカライズとして大変成功裡に進んでいる作品だと思います。せがわまさき氏もまた、鬼才なのでしょう。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年10月08日
  • 十 ~忍法魔界転生~
    「剣豪・柳生十兵衛三厳が、魔人となってスケールアップした宮本武蔵などの英雄たちと戦いを繰り広げる」なんて考えただけでもワクワクしませんか? そんな”夢の対決モノ”の歴史的傑作『魔界転生』が、せがわまさき氏の極限の筆致で漫画になりました。登場人物が全員、魅力的すぎるゆえに序章が長く、魔人との死闘はようやく始まったばかり。序章で充分楽しいのに、戦いが始まったここから先どうなるんだと。さらに面白くなる以外ないじゃないか! まさに今が読み時だと思うので、ぜひ手に取ってみてください。
    投稿日:2015年08月28日