書籍の詳細

やっと風が吹いた―――ジョージ朝倉が描く、20代の大恋愛叙事詩“apieceofcake”お茶の子さいさい、朝飯前、簡単なこと

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ピースオブケイクのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 綺麗だけでは成り立たない。女性独特の恋愛感情。流され恋愛体質の主人公・志乃。二股がバレて破局後、アパートの隣人でバイト先の店長である京志郎のことが気になりはじめる…。でも彼にはすでに同棲している女性が……。心にブレーキをかけようとしても意識し始めるとあとは坂道を転がり落ちるだけ。ただの少女マンガじゃない!リアルな女としての感情をむき出しに描かれ、女性として痛感させられるシーンがたくさんあります。女は時に怠惰で、時に恐ろしく、時に臆病になる…。主人公の志乃はそれがすべて詰まったようなキャラクターです。だから読んでて腹立たしい気持ちにもなりますし、悲しい気持ちにもなります。自分に似たところを持っているキャラクターだからこそ、感情移入しやすいんでしょうかね。一つでも自分と共感できる部分がある人は、「こういう時、私ならどう行動するかな」って問いながら読むと面白いと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2013年05月17日