書籍の詳細

東京の学校でハブられ3人目の継父とはうまくいかず、札幌の実父のもとへ引っ越した糸真。そこで出会ったのは、和央と弦。2人に近づくとハブられるらしいけど、恋に落ちてしまったら仕方ありませんね。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

プリンシパルのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 大体「いくえみ綾」先生ものだったら読んで間違いなし!と言われておりますが、その中でもこちらは、何歳になっても「わかるぅ~。」と共感できてしまう作品でした。主人公の糸真(しま)がいい。で、糸真の母親の3回目の再婚相手と折り合いがうまくいかず、実のお父さんのいる北海道で暮らすことになります。しかしそのちょっと複雑そうな入りでも、いくえみ先生に手にかかると、その世代なりの少し諦めたようなそれでいて前向きな明るさで物語が始まるのがとてもいいです。女手一つで育ててくれている母親を持ち少し体が弱い和央君と、和央と幼馴染で親友で裕福な家の弦君と、様々な問題と様々な人間関係に目が離せない作品となっております!大切に読みたいけど早く先が知りたい!そんな作品です!
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年09月13日