書籍の詳細

吸血鬼ファイトで売っている、プロレス・チャンピオンのユリシーズ。野牛のような風貌で気障に口説いてくる事に嫌気がさした魔子は、ユリシーズに自分の血を吸わせた。それから彼は穴を見ると吸い込まれる錯覚に襲われ、恐怖で錯乱。トンネルで事故死してしまう。吸血鬼は生きようとして血を吸うの。金儲けのためじゃない…。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

黒衣の女のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    割と良い
    一つ一つの話はたいした事ないのだが、読み進めると不思議な魅力を感じる好きな作品。
    ただ設定がいまひとつハッキリしないのが欠点。
    最初は怨霊に取り憑かれた女だったのに、いつの間にやら悪魔憑きに
    なったり、黒井ミサ風の魔女になったり。一巻の最後に出てきた吸血鬼の白麗が
    二巻の最後の方で何の説明もなくレズ仲間として出てるのは何故なのか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年02月01日