書籍の詳細

「奴隷」欲しいヤツ、いる?天才的な頭脳も超人的な肉体もいらない。どんな勝負でも勝ちさえすれば相手を奴隷にできる器具それが【SCM(エスシーエム)】。偶然にも【SCM】を手にした24人の主人公が欲望のため、復讐のため、それぞれの目的のために壮絶なサバイバルゲームを開始した!!「E★エブリスタ」で圧倒的な人気を誇る小説が待望の漫画化!

総合評価
3.3 レビュー総数:13件
評価内訳

奴隷区 僕と23人の奴隷のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    前半は面白かったが後半は矮小化し残念
    SCMという「勝負に買ったら相手を奴隷に出来る装置」を使って奴隷にしたりされたりするという設定はとても斬新だったし、初期の頃は登場する人物個々のキャラも立っていて面白かった。
    ただ、後半に行くに連れて本来の「SCM保持者同士の個々の勝負」の面白みが減っていって、強引な勝負や奴隷化が頻発し、せっかくの設定を活かしきれずに全体が矮小化されて終わっていったのは残念。
    • 参考になった 13
    投稿日:2016年10月31日
  • 設定を活かしきれていない
    勝負を挑んで負けた相手を奴隷に出来る。
    奴隷が勝負に勝ったら、負けた相手は主人の奴隷になる。
    そういった設定は興味を引くし、面白い。
    キャラもカリスマを感じる荒川エイアを始め、特徴的で面白い人物が揃っている。
    が、素材はいいのに生かし切れていないという印象。
    その為、設定に惹かれたり試し読みや1巻で面白いと思って購入すると後悔する人も多いかも…。
    折角互いに同意した勝負に負けたら…という前提がついてるのに、殴ったり、脅したりで、勝負に負けさせるという展開が結構あって萎える。
    奴隷になったら脱出不可能(主人が変わることはあっても、奴隷からは抜けられない)な設定でその負け方はちょっと…。
    世の中そんなもの、それがリアル、と言えばそれまでなのかもしれないが、元々の設定が非現実的なのだから、そこだけリアルを追求されても…。
    設定が矛盾していたり、頭のいい筈のキャラが馬鹿だったりと、読んでいくうちに首を傾げることが増えていく。
    頭脳戦系の話の割に後出しも多い。
    あと、キャラが多過ぎる上に視点が分散しまくる為に どのキャラにも感情移入出来ないまま物語が進んでいったり、折角感情移入出来たキャラが居ても全然出番が来なかったりで、半ば物語を消化してる気分になる。
    予想はつくと思うが、痛いグロい描写が多いのでそういうのが苦手な人にはお勧めしない。
    絵自体はキャラの見分けがつきにくいが、外見的に特徴の強いキャラが多いのでそれ程困らない。あとは好みの問題。
    原作小説がすでに出ていたり、無料コミックサイトで連載されてたりするので、購入を迷った方はそういう情報をチェックしてからでもいいと思う。
    総評としては、話の大筋は気になるがのめり込むには萎え要素が多過ぎるので、ネタばれだけでいいかなという感じ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年07月10日
  • 匿名希望
    若い人には面白いのかな
    レビューを読んで良さそうなので5巻購入して読みましたが、面白さがよく分かりませんでした。かなりがっかり…。続きは購入しません。
    • 参考になった 7
    投稿日:2015年07月24日
  • 匿名希望
    頭脳戦系マンガに飢えている人必見
    ライアーゲームみたいな頭脳戦マンガは結構好きで、いつも面白いのないかなーと思うのですが、
    やっぱり設定とか作りこまなきゃいけないし、良い作品はまだまだ少ないジャンルなのかな、と思います。
    そんな中、「奴隷区」が面白いという話を聞いて、さっそく読んでみました。
    性的な描写やグロい内容を想像させるタイトルですが、読んでみると意外とライト。
    多少はそういう描写もありますが、別にそれがメインというわけではなく、あくまでも人を奴隷にするとこんなこともできるよ~、の一環として描かれているだけなので、苦手な人でなければ読めるレベルだと思う。
    設定は面白いのだけど、ちょいちょい後出し的な設定が出てくるのがやや残念。
    最初に基本的なルールは提示しておいて、少しずつ条件が明らかになってくる、みたいなのだったら良かったと思うんだけど。
    それやっちゃったら何でもありじゃん!みたいなのはないので、そこまで追求するほどではないけど。
    キャラクターも良いし、個人的に作画も好みなので、頭脳戦系が好きな人にはオススメしたい。
    勝負方法も様々で、心理戦なので展開が読めないのも楽しい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年08月07日
  • 意外とライトに読める
    友達が面白いといっていたので気になって読んでみました。
    見事にはまってしまい、読み始めるとなかなか寝られない(笑)
    奴隷区というタイトルと絵でビビッてましたが、そんなにエグイ場面は出てこなかったので大丈夫でした。
    基本的にブラックな内容ですが、どんどん進んでいくストーリーが気になって気になって・・・個性豊かな登場人物が次々出てくるところも面白いです。ぶっ飛んだ設定を詰め込んでくるので、ついていけないような気持ちになることもありますが、それぞれの人物の野望が重なって物語が動いていくのはなかなか見応えがあります。
    誰が主人公なのかあまりはっきりしない描き方なので、その分一人一人の視点が見られるのはありがたいかな。でもあまり登場人物が多いと混乱しそうで不安ですw力で勝負するということはあまりなく、心理戦、頭脳戦で面白いです。デスノートとかライアーゲームとかそんな感じかな?
    今度、映画化もされているということでそっちも気になります。
    あと作者はジョジョが好きなんじゃないかなと感じましたw
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月06日
  • 本当にあったら怖いSCM
    今話題のこの漫画。双葉社はクレヨンしんちゃんのイメージが強かったので、まさかこんな大人向けな漫画も出しているとはびっくりです。
    SCMという器具を持った人同士が勝負をして勝った方は負かした相手を奴隷にできるというありそうでなかった設定は非常におもしろいです。
    奴隷にされてしまった人は、勝った方のいうことをなんでも聞くルール。
    同じく読んだ友達と、SCMがもし手に入ったとして使う?という話になりましたが、私は絶対に使えないと思います笑。見た目からしてなんか歯医者さんの器具みたいでちょっと背筋がヒヤッとしました。
    内容はブラックでオドロオドロしい感じなのでインパクトはありますが、24人キャラクターがいるので展開が早い分内容は薄いかな~と思いました。
    でも予想外の展開だったり、頭脳を駆使した勝負が面白くて続きがどんどん読みたくなります。
    個性的なキャラクターがたくさん登場するところもいいですね。
    基本的に頭脳戦、心理戦ですが、ライアーゲームとか難しいのが苦手って人でも読めちゃうと思います。勝ち続けるにはかなりの頭脳が必要。
    どうしても設定の内容上、際どい描写もありますが、内容としては誰にでもおすすめできる漫画です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月06日
  • 心理戦が面白い
    表紙がちょっとホラーちっくなので怖い内容かと思いきや、全く違いました。
    いや、暴力やレイプ等がけっこうあるのである意味怖いのかも。なんてったって、奴隷だし。
    内容は、簡単に言うとSCMという特殊器具を装着した者同士が奴隷にするかされるかを賭けて勝負するお話。
    勝負方法はなんでもいいというルールですが(パチンコの出玉で勝負ってのもありました。)、その中での心理戦がメインで、ちゃんと読まないとあれ?ここなんでこうなったんだっけ?と置いてきぼりを食らいます。
    展開も読めないですし、そういう意味では読んでいて少し疲れるかもしれません。
    でも、自分が思いつかないから、展開が読めないからこそこの作品が面白いと思うのでしょうね。
    ありえないけどありえそうな話、人間の欲の深さ・醜さは自分も含め、みんな心のどこかにもっているんではないのかなーと思います。
    まぁもしSCMが今現在あったとしても、欲望は抑えて平和に暮らしますけど(笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月06日
  • 夜中によみふけました
    私はこの漫画を電車の中の広告で見て知ったのですが、きゃりーぱみゅぱみゅが読んでいる漫画として話題になっていたようですね。恐るべし影響力。
    これはもともとケータイの小説投稿サイトで大人気で、小説とコミックとして書籍化されたようです。
    実写映画も公開ということでさぞかし面白いんだろうなと思い、ついに購入しました。
    勝負をする相手同士でなにかしらの勝負をして相手に勝てば、負けた人を奴隷にできる「SCM」という器具を手にした人が頭脳戦を繰り広げ、奴隷を増やしていくというようなストーリー。
    本筋には関係無い事ですが、SCMの見た目が最初入れ歯にすごく似て見えて、それ以来入れ歯恐怖症です。食べ物がひっかかったりはしないんだろうか。
    だましだまされ、ハラハラドキドキする漫画です。話がすごいおもしろいし、これからどうなっていくんだろうと気になって読み進めてしまいます。
    奴隷というだけあってちょっと過激な描写もありますが、そういうのが大丈夫であればおすすめの作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月05日
  • 表紙はちょっとびっくりだけど
    タイトル、表紙から興味津々。同じ人物が左側には奴隷になった姿、右には元の姿で描かれているんですね。
    まあ綺麗な女の人がそういう姿になっている絵はちょっとお母さんとかが見たらビックリしそうですが、そういう人は電子書籍で読むか、カバーをかけてもらいましょう笑。
    けっこうエグい系かと思えば全然そうでなく、想像していたのと全く違いました。
    ですが読んでいると一気に引き込まれていきました。
    奴隷にするかされるか、勝負の時の心理戦は見ていてハラハラドキドキするのですが、それゆえにどんどんのめり込んで読んでしまいます。
    登場人物24人がと多く、そういう漫画は大抵「このキャラどういうやつだっけ?」となってよくこんがらがってしまうのですが、この漫画はキャラクター設定がはっきりしていて覚えやすいと思います。
    東京23区が名前になっているのも自分は覚えやすくてありがたかったですね。
    個人的には人気ホストとその客の話が好きでしたね。
    「セイヤにとってあたしって何?」「気持ちの悪いATM」このやりとりはとても印象に残りました。
    ホストやキャバ嬢といった、夜の世界系の人もたくさん出てくるのですが、そこが東京らしさかもしれません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月01日
  • 匿名希望
    小説から入ったけど・・
    小説版の方を読んでいましたが、漫画も読んでみることにしました。漫画のほうが取っ付き易いと思うので、始めて触れるなら漫画をおすすめしたいです。
    この作品は個性的なキャラクターが魅力のひとつだと思います。
    小説だと登場人物のヴィジュアルが想像しづらかったのですが、絵を見てしっくりきたのでより楽しめました。
    リュウオウには驚きました。まさか、あんな姿だったとは…。東京の区の名前のぶんだけ出てくる24人の登場人物が多いですが、誰ひとり被らないし、同時にどんどんでてくるというよりはそれぞれの視点で書かれているので関係がわかりづらいということは特に無いです。
    その、いろいろな人物に視点を置いて、それぞれのキャラの行動が複雑にからみ合ってストーリーが展開していくというのが、今まで無い感じでおもしろい!
    絵があるとより雰囲気がつかみやすくていいですね。グロい描写とかもあるので、小説を読んでいる時もそうでしたが、ちょっと怖かったです。
    でも話自体はすごい面白いのでどんどん読みたくなります。続きが気になるので早く全部読んじゃいたいって人は小説がおすすめです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月01日
  • 今後の展開に期待
    実写映画が公開されたということで、漫画を先に読んでみました。元々は小説で、「E★エブリスタ」というサイトで人気を集め、漫画化された作品のようですね。
    簡単にまとめてしまうと、SCMという器具を使って他人を服従させる力を手にした24人のサバイバルゲーム、もとい奴隷争奪戦というような話です。
    最初SCMが世の中に出回り始めた時に、誰もそんなものがあるとは信じずに、眉唾話として受け止めていたっていうのがなんだかリアルでぞっとしました…。実際にあったら多分私もそんなのあるわけ無いじゃん~と信じなさそうな気がします。
    登場人物の名前が東京都の区の名前になっているのは手抜きなのかなんなのか。キャラクターそれぞれに個性があって面白いです。
    それだけに、最後の方でもっとあのキャラがどうなったのかとか、そういう補完があると思っていたんですが、無いのが残念な感じではありました。映画化もされるということだし、今後の展開に期待。
    奴隷区というちょっと危険なタイトルなのでどんなものかと思いましたが、想像していたよりも強烈な感じではありませんでした。でも映画だとどこまで再現されるんだろうと気になります。
    奴隷を増やすために力を使ったり、頭を使ったり、いろいろな展開があって楽しめる作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月01日
  • 匿名希望
    映画版もみたいかも
    この漫画は電車の中の広告で見つけて知りました。
    奴隷区というタイトルと絵が怖そうでしたが、気になったので読んでみました。
    ストーリーはSCMという他人を奴隷にできる器具を付けた者同士が勝負をして、敗者は勝者の奴隷になるというもの。
    展開の予想がつかなくてはまります。奴隷がテーマなのでどうかなーと思っていたのですが、そこまでグロい描写はなかったです。
    騙し騙されの心理戦が繰り広げられていくのが面白いです。
    登場人物が24人と多いので誰が誰だかわからなくなるんじゃないかと思っていたのですが、章ごとにSCMを手にした24人それぞれの視点で描かれていてわかりやすいです。
    ホストやJK、オタク、教師、暴力団組長といった様々なキャラクターがでてきますが、性格や過去などが描かれていて面白いです。
    設定もよくできていてハラハラ、続きが気になる漫画です。原作は小説で、映画化もされてるみたいなので、実写だとどんな感じになるのか期待しています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月01日
  • 思ったよりも
    最初はなんとなく書店で立ち読みしましたが、あまりにも面白くて続きが気になるので購入してしまいました。話のテンポが良く、謎が謎を呼ぶような展開なので読み出したら止まない、そういう魅力の漫画だと思います。どぎついタイトルに一瞬退きましたが中身はそうでもないので大丈夫です(笑)
    デスノートのような頭脳ゲーム系の漫画です。
    原作は小説とのことですが、そのせいか設定が良くできていると感じます。
    キャラクターも一人一人特徴がはっきりしていて、わかりやすいのでそういった面でも面白く読むことができました。
    ちなみに、妹は表紙が怖いから読みたくない!と言っています。(別に無理して読まなくてもいいけど…)
    確かにちょっと独特な絵とタイトルですが、そういった所が苦手でなければ食わず嫌いせずに、ぜひ読んでみて欲しいと言える作品です。
    今度映画化されるとのことで、それも楽しみです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月01日