ユーカリの木の下で

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

二十数年ぶりに被爆以来はじめて、広島に里帰りした父と子。原爆の閃光にも耐えて生き続けるユーカリの木を捜しあてた父は、これまで誰にも語ったことのない、少年時代の思い出を我が子に語り聞かせる。ユーカリは、原爆から逃げ続けてきた父を勇気づけるのだった。他短編「チエと段平」収録。

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

二十数年ぶりに被爆以来はじめて、広島に里帰りした父と子。原爆の閃光にも耐えて生き続けるユーカリの木を捜しあてた父は、これまで誰にも語ったことのない、少年時代の思い出を我が子に語り聞かせる。ユーカリは、原爆から逃げ続けてきた父を勇気づけるのだった。他短編「チエと段平」収録。

平均評価(4.0 レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: ユーカリの木の下で
  • 著者名: 中沢啓治
  • eBookJapan発売日: 2000年12月27日
  • 出版社: ほるぷ出版
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 264ページ
  • 立読ページ数: 17ページ
  • ファイルサイズ: 23.2MB
  • 関連ジャンル: 少年マンガ社会派人情歴史戦争学習マンガ
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

匿名希望

(4.0)

投稿日:2015年09月25日

子供だったからって頬被りはできない

(註・新汐社書籍版からの感想です)
実はこれ、被爆マンガの様でそうでは無いです。
冒頭で被爆の社会からの軋轢には触れてますが、本題は銃後(日本本土)の戦争です。
聖戦思想に煽られ、反戦厭戦思想を屠っていく市民生活の闇を描いています。

軍国少年のガキ大将だった主人公が朝鮮人や親友の親との関わりからその思いを惑い、けっきょく被爆で街も友も失う。
その失ったものは本当は何だったのかは本文では直接触れられていないですが、国家扇動に踊らされる悲哀をしっかりと描いています。

実は代表作の「はだしのゲン」以上に今だから見つめなければならないことが盛り込まれています。

ただひとつ話の幹に
「南京大虐殺は日本軍が三光(潰滅)作戦に基づいた侵略」
としてはっきり描かれてる点は設話として留意する必要はあります。
この作品が言うような真偽の程が程度問題のレベルであれ、不明瞭なところがあるのも事実。
(確かめては居ないが、この作品自体は当時世論的にこのような視点が疑いを持たれなかったので、メディアに於いても肯定論が占められ、執筆において改めて当事者などから証言を取るなどの注釈は特に無かった)

が、
仮にここを見過ごしてもフィリピンや沖縄などで日本軍が行った戦地市民の殺戮や自国民の自決強制などはこの話の触れるところと同じなので、
「戦争責任」
と言う言葉の上でやはり考慮に足る作品と思います。

ともあれ、この作品のラストにただ一つ身だけを拾った朝鮮人級友の主人公への辛辣な叫び、これがこの作品の総てを語ってます。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。