著:山崎寿人

文藝春秋

ジャンル:ノンフィクション

800円 (税別)

8ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2013年03月22日

平均評価(5.0 レビューを見る
平均評価(5.0 レビューを見る

年収100万円の豊かな節約生活術の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

年収100万円の豊かな節約生活術の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

匿名希望

(5.0)

投稿日:2017年01月31日

リアル版「ぐりとぐら」 著者が食いしん坊なのも良い ネタバレあり

ebookjapanだけで500冊以上の本を購入して読んできましたが、(たぶん)初めてレビューを書いてみようと思いました。
節約本、断捨離本、ミニマリストの本など、今までも近いカテゴリーの本を読んできました。
正直、私は割と節約が好き(楽しい)なのですが、節約を目的にした節約の本(食材を使い回すとか、シンクの水を節約するための方法とか)は、参考にはなるけどやりたくない。
断捨離やミニマリストは、無駄なものを買わないのには共感できるけど、今持っている物を減らしたいというのとはちょっと違う。今持っているものは大切に使いたい気がして、やっぱり断捨離できないのです。
けれども、この本は、とても共感できました。著者が食いしん坊なのもいいのかもしれません。「ぐりとぐら」リアル版といった感じ。
例えば、以下の箇所。
「僕がまず求めているのは、日々の生活を人生もろとも楽しむこと。あくまでも幸せが先。節約は二の次、三の次。」:本当にその通り!
「いかに少ない金で、心豊かな時間が過ごせるか〜中略〜そのために僕は脳ミソを使う」:私はピアノも好きなんですが、脳ミソつかったり、ピアノの練習したり、読書したりなどは最大の娯楽だと思います
「無駄遣いは無駄働きと一緒」;頑張って働いてゴミを買うのは本当に無駄。それに、せっかく買うんなら、脳ミソ使うという娯楽に役立てた上で買いたいな
「テレビゲームやコンビューターゲームなど、今更生ぬるくてやってられない」:リアルに生活してると、育てゲームやRPGがアホらしくてやってられない。ソロモンの鍵は好きでしたが、娘がどうやったら宿題を面白がるか考える方が面白い
「今の世界に蔓延している「勝ち組か負け組みか」、「善(正義)か悪か」 〜中略〜 二次元的世界観とはおさらばしてしまった。したがって、こうした発想で自分の考えや行動に価値判断を下し、己の人生を縛り上げること」:こういう価値観で自分に呪いをかけると、好きなものを選べなくなりますよね
それから、後ろの方にあるレシピが使える!
美味しいだけではなくて、献立の参考にもなりました。
特にイタリアンの
「カプレーゼ」
「ピッツァマルゲリータ」
「ベーコン&ゴルゴンゾーラの(自家製)フェットチーネ」
パン焼き器はないのでピザは手ごね&普通のオーブンで、製麺機がないので、フェットチーネはスパゲティーニで代用しましたが、大変美味しゅうございました。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。