書籍の詳細

家族を失い、病に身体を蝕まれた“おとうさん”は、飼い犬ハッピーと共に、南へ……。それは残されたわずかな“生”を生き抜く旅でもあった……。ラストは、涙なしには読めません。

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

星守る犬のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    涙が止まりません
    犬、猫などのペットが好きな方は、ラストシーンでなくとも、泣いてしまうかもしれません。動物からみた気持ちにウルウルしてしまいます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年08月20日
  • 職を失い家族にも去られた男のもとに残ったのは、一匹の飼い犬だけ。病気も患った男は、その犬と長い長いドライブの旅へ──。話題の作品、もう読まれましたか? 人と犬との交流ってなぜこんなに感動的なのでしょう。数ページ読んだだけで、愛くるしいわんこに、ハートをがっちり掴まれてしまいます。「にんげんはいぬのまえではしょうじきになる」って いう作中のことばが印象的でした。犬好きの人なら、ぐっときちゃうシーンが必ずあるはずです。
    • 参考になった 6
    投稿日:2010年04月13日