レビューはありません
Biophilia(ビオフィリア) 電子版19号(2016年10月・秋号)

地球外生命体探索への展望を最新の知見で構成しております。 アストロバイオロジーセンターが2015年設立され、本格的な研究が日本でも始まりました。 数多くの太陽系外惑星の数が発見され、地球と同じサイズのスーパーアースも発見されています。近未来、太陽系外にハビタブルな(生命が存在する可能 性のある)惑星の発見、生命の存在が確認されることでしょう。 天文/ 宇宙科学、地球科学、化学系、生命系の研究者が喧々諤々議論を始めています。21世紀は生命科学の時代。ETの存在など映画のこと、絵空事と考 える人々がほとんどと思います。現在、この宇宙空間には、少なくとも観測可能な範囲には、地球以外に知的生命体は存在しません。しかしながら今様々な アイデアや手法、機器開発で地球外生命体を探索しています。今回、地球外生命体探索への展望を最新の知見で構成します。 ●Biophiliaウェブサイトのお知らせ●【巻頭言】アストロバイオロジー:宇宙での生命と生命の起源 / 山岸 明彦(東京薬科大学生命科学部応用生命科学科)●【特集】アストロバイオロジー●特集1.宇宙論から考えるアストロバイオロジー / 佐藤 勝彦(日本学術振興会 学術システム研究センター)●特集2.宇宙のアミノ酸 / 大石 雅寿(国立天文台・天文データセンター/総合研究大学院大学物理科学研究科)●特集3.ここまでわかった「生命の起源」 / 山岸 明彦(東京薬科大学生命科学部応用生命科学科)●特集4.火星に生命は存在するのか / 吉村 義隆(玉川大学農学部生命科学科)●特集5.系外惑星の発見によって地球外生命が注目されている / 井田 茂(東京工業大学地球生命研究所)●特集6.系外惑星の観測とアストロバイオロジー / 田村 元秀(東京大学大学院理学系研究科)●特集7.もうひとつの地球での生命の探し方 / 須藤 靖(東京大学大学院理学系研究科)●特集8.知的生命体と宇宙文明探査 / 平林 久(宇宙航空研究開発機構 (JAXA))●【連載2】強靭な研究者であるために─その2 <第10回> 研究者に求められる資質と研究費 / 倉地 幸徳(ミシガン大学)●バックナンバー●E社史を創りませんか●裏表紙

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。