書籍の詳細

私は、ロンドンからウェールズ地方へと向かう路線の分岐点で、目に見えない列車が停まる音を聞いた。そして見えない誰かが、私の背中を押した。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

Dovey Junctionのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    現実と狭間の少し不思議なお話
    現実とファンタジーが上手く混ざり合って溶け込んだような、静かで面白いお話でした。
    とても短いのでさらっと読めますが、ちょっとした不思議が散りばめられていて子供の頃読んだファンタジー本のドキドキした感覚を思いだしました。

    おじいさんが話してくれた言葉から、切符売りの駅員さんは本当に人間だったのかと考えてしまいました。
    こういった短いけれど不思議がぎゅっと詰まったお話をまた読んでみたいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年05月06日