書籍の詳細

武士として生まれ、武士として死ぬ。明治維新に翻弄されながらも、サムライとして生き抜いた男たちを描く幕末ロマン!15代将軍・徳川慶喜(とくがわ・よしのぶ)の大政奉還により、職を失い困窮する日々を送ることになった旧幕臣たち。そのひとりである上田丑之助(うえだ・うしのすけ)は旧幕臣の窮状を訴えるべく、仲間の猪木(いのき)、山本(やまもと)、前田(まえだ)とともに白装束をまとい慶喜邸を訪ねるが……!?士族のプライドを捨てられない彼らが、文明開化の御代に自らの居場所を求め彷徨する姿を、壮野睦の原作を元に石川賢が活写する。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

サムライたちの明治維新のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 最近、「革命」という言葉をよく耳にします。あちらこちらの国々で、社会の仕組みが根底から変わるような動乱が勃発していますね。日本での革命といえば、明治維新を連想される方が多いと思います。『サムライたちの明治維新』は、明治維新の後の侍たちの物語。主人公の上田丑之助(うえだ・うしのすけ)達は旧幕臣であるがゆえに、満足な職にも就かずに、「この世に もはや おれの居場所がないのであれば…」と嘆き暮らします。戊辰戦争で新政府軍に負けた旧幕臣にしてみれば、侍も廃業しなければならない身とあって、リストラどころか全人格を否定されたような気分だったのではないでしょうか。赤ん坊の誕生によって、市井の人となりかけた上田ですが、後半には西南戦争に加わっていきます。ここからの見せ場は、石川賢の勢いあふれる画力に士魂があぶりだされているようです。ラストサムライの気概に圧倒されっ放し…そして、最後にカタルシスが訪れます。ぜひ、読後感の余韻も満喫してください。(2011.2.20)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年03月01日