書籍の詳細

惨殺された妻子の復讐に燃える男・大紋字龍伍(だいもんじ・りゅうご)に立ちはだかる日本列島同時巨大災害!災害パニックの中でも任侠道を貫く龍伍の生き様を、壮大なスケールで描きあげた意欲作!!赤竜流組若頭である龍伍は、粟待我竜(あわまち・がりゅう)組長の息子・正義(せいぎ)を、組の金を横領し六百億の損害を与えたけじめをつけるために処刑する。その後、自宅に戻った龍伍に驚愕の事態が!妻・美夏子(みかこ)と、娘・美奈子(みなこ)が惨殺されていたのだ。その傍らには組長愛用のライターが…。そして組長殺しを決意した龍伍に、日本列島大地震が襲いかかる……!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

任侠沈没のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 読み終えた瞬間の感想は「凄い」、そして誰かに話したい。2009年一番の衝撃と断言します。物語は大地震に見舞われた日本で、ヤクザの龍伍が妻を殺した組長を仇として追う、というものなのですが、演出がイチイチ凄まじい。山の噴火で降ってきた巨岩をドスで一刀両断してみたり、大津波に乗って敵を斬ってみたりと漫画というメディアの自在さをとことん駆使しており、劇画を読んでいるのかファンタジー漫画を読んでいるんだかわかりません。そして何より凄いのが、この物語の最後の舞台が“宇宙”だということ!! 飛行船で逃げた組長を追うためスペースシャトルに乗り込んだ龍伍。なぜスペースシャトルなのか、それは龍伍がスペースシャトルを知らず、普通の飛行機と同じようなものだと思っていたからです。ある程度の高さになったら窓を割って組長の乗る飛行船に飛び移ろうと考えていたらしいのですが、もちろん窓など割れるはずもなく、龍伍はそのまま大気圏外へ!! 窓から地球を見下ろしての第一声は「大紋寺龍伍、一生の不覚!」。爆笑です。どんなに不覚とっても宇宙へは行かないですよ普通。まだまだツッコミたいところはあるのですがこのへんで。ハリウッドで実写化してほしいなぁ…。
    • 参考になった 0
    投稿日:2009年11月24日