書籍の詳細

あの頃から好きだった。ホントはお互い、想いあっていた。でも、ボクらはあまりに子供で、素直に気持ちを伝えることができなかった。あれから5年──恋人同士になったボクらは、少しはオトナになれたのだろうか!?優等生の真緒とやんちゃな羽鳥。見つめるだけの片想いからようやく両想いになったんだけど、違いすぎる2人は想いあうほどすれ違う…。藤原よしこが描くピュア・ラブストーリー!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

キス、絶交、キス ボクらの場合のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 泣いて笑って、懐かしい思い出
    小学校5年生の頃からの初恋の相手をずっと想い続ける二人が、いろんなすれ違いを経てお互いに成長する過程がとても丁寧に描かれている良い作品。この年頃ってこうだよね、と振り返って泣いて笑える大人女子にもオススメ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月17日
  • 初恋の頃のピュアな気持ちが蘇ってくるような作品です。もどかしいけどまっすぐで、一途で、一生懸命。
    大好きすぎて素直になれない。そんな淡く切ない誰もが一度は青春時代に経験したような物語。
    なかなか素直に想いを伝えられない真緒ちゃんと、ストレートに気持ちをぶつける羽鳥の、一途で切ない純愛ストーリーです。

    お互い片想いし続けた相手だから、なかなか自分に自信が持てなくて、素直になれなかったり、うまく伝えられなかったり。とっても切なくてキュンとします。
    真緒と羽鳥の、個々の視点からストーリーが展開されていて、同じストーリーを二度楽しめるのがいいです。真緒sideだけなら、羽鳥の気持ちが全然わからないし、逆もそう。お互いの想いがとても細かく繊細に描かれてるので、入りやすいです。

    二人をみていると忘れていた何かが思い出され、心が洗われたような気がしました。
    また様々な登場人物の視点から描かれるものの、感情の描写やストーリー展開に矛盾がなく、作者の力量を感じます。
    小出しにされる羽鳥と真緒ちゃんの小さい頃の絡みもいいです。
    とにかく感情描写が細かく完成度が高い。純愛もので読み応えのある作品をお探しの方は一読してみる価値あり!です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年04月23日