書籍の詳細

“優勝に必要な何かが足りない”その“何か”を捜して、沖縄で自主トレに励む“不運の天才打者”児島弘道。そこで彼は一人の男と出会う。120km/hそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男。彼は名乗る。渡久地東亜と…。

総合評価
4.5 レビュー総数:6件
評価内訳

ONE OUTSのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 野球観戦が趣味なので、野球を題材にしたマンガを読むのも好きなのですが、『LIAR GAME』の甲斐谷忍先生が描くこちらの作品はかなりの異色作です。

    主人公のピッチャー・渡久地は、仲間と熱く勝利を目指すでも、剛速球で打者をバッタバッタと打ち取っていくでもなく、120キロ中盤くらいのストレートと抜群の制球力、そして勝負師の勘を駆使してプロ野球界を席巻していきます。

    打者との駆け引き、心理戦はまさに痛快のひと言で、初めて読んだときには「おぉっ!!」と思わず声を上げてしまうほどでした! シーズン終了後など、野球ファンとしてはちょっと手持ち無沙汰になってしまうときに、今でもふと読み返したくなります。

    スポーツマンガが好きだけど、いつもと一味違う作品を読みたい時にオススメの一作です!!
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年02月03日
  • 匿名希望
    オススメのスポーツ漫画
    オススメはしたものの、野球漫画と思ってはいけない。あくまでも心理戦を楽しむ漫画というか、渡久地東亜の戦略と、それに翻弄される人々を楽しむ漫画かも(笑)もう何度読み返したかわからないほどに好き。(アニメも含む)主人公がここまでふてぶてしい漫画もそうないような?読んだらスカッとする♪
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年07月14日
  • 匿名希望
    オススメのスポーツ漫画
    スポーツマンがなのですがちょっと毛色が違います。
    どちらかとゆうと人間の化かし合いの作品なので。
    主人公はスポーツマンではなく賭けの世界で生きる勝負師なのでスポーツマンシップなどありません。
    一応ルールにのっとってるぽいの行動です。
    メディアを使っての疑心暗鬼はすごかった。
    速球でもないストレートのみで勝負するってまぁ普通ではないです。
    相手方も反則してくるなどいい勝負ではあるのですけど。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年07月13日
  • オススメのスポーツ漫画
    主人公が智謀、策謀を持って相手の思惑をひっくり返すのは読んでいて痛快です。少年漫画の努力、根性とは真逆の漫画ですね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年07月13日
  • 匿名希望
    ★コラボフェア★
    これは野球マンガでは無く推理モノです。でもベースがプロ野球なので野球のルールを知っているとより楽しく読めます!
    一点残念なのは主人公が凄すぎてピンチは合っても最終的に負けるイメージが着かない所でしょうか。
    アニメ化されていますがストーリーは全く同じで、アニメ以降のストーリーも十分なボリュームで楽しめるので、アニメから入った人も是非!
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年06月18日
  • ONE OUTS
    賭野球「ワンナウト」で無敗の投手・渡久地東亜が、弱小プロ野球チーム・リカオンズに入団し、巧みな心理戦によってチームを勝利に導いていくお話です。主人公・渡久地はいわゆるヒーローではなくて、憎たらしさ満載の男なところも普通の野球漫画にはない面白さだと思います。周囲の人物が渡久地の作戦に「えええーっ!」と驚く顔がなんだかとても好きです(笑)。野球シーズンまっさかりの今、ぜひオススメしたい一冊です。
    投稿日:2014年08月29日