書籍の詳細

その日、女子高生・スー(時任好子)の目には、「黒い雪」が舞っているのが映っていた。同日午後、友人のキリコ、ミキとともに、叔父・正午が住むマンションを訪ねたスーは、そこで大地震に襲われた。地震の最中、スーと正午は、マンションを「黒い津波」が飲み込むのを目撃した!揺れがおさまった後、スーたちがいるフロアは「黒い水」に浸され、人々は軟禁状態に…そして、スーたちを衝撃的な出来事が、次から次へと待ち受けていた!

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

スプライトのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    ぶった切りでした。
    「えっ、次巻があるの?」と思わせるぶった切りで終わった感じがしました。
    結局スーちゃんの白い羽ってなんだったんでしょう。
    あの終わり方で希望があるのか…?
    • 参考になった 12
    投稿日:2015年07月04日