書籍の詳細

杉村良平は2人の子どもを連れ、生まれ故郷の秋田の日暮村にUターンする。妻との離婚を機に帰郷して農業を営むためである。良平は幼なじみの高山政信の助けを借りながら農業に挑戦する一方子供達にふるさとのぬくもりを教える。最初は東京との生活環境の違いに戸惑う太平とミズナだったが村の生活にだんだんとけ込んでゆく…

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ふるさとのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 生まれ故郷にUターンした一家を描く『ふるさと』。読むと、やはり郷愁にかられますね。このゴールデンウィークに帰省される方も多いことと思います。私も帰省派で、ひととき田舎に帰ります。故郷は遠くにありて思うもの。遠く離れているからこそ美しい、というところもあって、実際帰ると、田舎の大変なところも思い出したりするんですよね…。それでも年を追うごとに田舎が恋しくなってきた気がします。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年04月27日