書籍の詳細

打算と建前がはびこり、システム化された世の中にある男が立ち向かう。純朴で不器用な“真実”に生きる男・真太郎が織り成す人間物語。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

真実の男のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 『カイジ』や『アカギ』で知られる福本伸行の初期作品。正直絵はかなり……モゴモゴ。や、味はあるんですけどね……。内容も……う~ん、手放しで「面白い!」と言えるようなものではない、かなぁ……。じゃあ何が魅力なのかと言えば、表現やセリフの所々に、後の福本作品にも通ずる精神を垣間見ることが出来るという点。荒削りな中に、突然キラリと輝くセリフがあったりするのであなどれません。この作品が後のビッグタイトルにつながっていくのかと思うと勝手に感慨深い気持ちになれます。そういった意味で福本ファンは必見! 福本ファンじゃなくても話のタネにいかがでしょうか?
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年01月05日