書籍の詳細

次々と繰り返される殺戮…。雨宮賢司の足取りを追え!!大内らの遊撃隊は、捨て牌の謎を読み解き、無事、事件を解決できるのか――!?そして、事件は思わぬ方向へと進んでいく…!!我孫子武丸書き下ろし、ミステリー完結!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

迷彩都市のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 連続殺人事件の現場に残されていた麻雀牌。はみだし者の刑事・大内は、その牌が麻雀でいうところの「捨て牌」であることを見抜き、捜査を進めていく…。ミステリーに麻雀の要素を絡めるという珍しい作品。ですが色モノと侮るなかれ、原作を手掛けているのは推理作家・我孫子武丸。そのため麻雀のルールがわからなくても、ミステリとして読み応えのある作品になっています。キャラもそれぞれ立っているので、ぜひシリーズ化を期待したいところ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年02月16日