書籍の詳細

【ページ数が多いビッグボリューム版!】モンスターが平和に暮らすデルムリン島。その島で唯一の人間・ダイは、魔法が苦手だが勇者に憧れている少年。ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、ダイは勇者になる特訓を開始!だが、そこへ復活した魔王が出現し!?

総合評価
5.0 レビュー総数:10件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

DRAGON QUEST―ダイの大冒険―のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    実に少年漫画らしい良く出来た作品です
    後半は少し御都合主義な展開がありますが、実に少年漫画らしい良く出来た作品です。
    絵やコマ割りが良いからかとても読みやすく、間を置かずにイッキに読んでしまいました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月05日
  • 匿名希望
    これぞジャンプ漫画王道なファンタジー
    昔雑誌連載時に大好きで読んでいたのを思い出し、集英社のポイントアップセールに合わせて全巻まとめ買いしてしまった。
    読み返してみると、これぞジャンプ漫画と言わんばかりの要素満載。修行からの必殺技あり、次々と現れる強敵あり、苦戦しもうダメかとピンチに陥ると突然の覚醒・レベルアップあり、以前に倒した強敵キャラが味方になったり、臆病だったキャラが覚醒して友情でスーパーキャラになったり。
    大人になってから読み直すと出来過ぎというか都合良すぎな場面は多々あるが、これは少年心踊らされるわな~。少年の頃に戻ったような気持ちで一気に読み返してしまった。
    読み返してみると、子供の記憶って案外いい加減な物で、あれ?アバン先生ってこんなに早い段階で◯◯んだっけとか、こんな場面で◯◯するんだっけとか、驚かされた。
    登場するモンスターや呪文などがゲームの「ドラゴンクエスト」とリンクしていることもあり、えぇ?アパカムの呪文ってそんなに最終奥義みたいな大技だっけ?とか、その割にメラゾーマとかベギラゴンとか最上位魔法が簡単に出て来過ぎじゃない?とか、お前のMPいくつだよとか、いろいろ想像してしまうのも面白かった。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月02日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    小学校一年生くらいのときに、4巻の表紙だけ見て、初めて親に買ってもらった漫画です。
    熱い友情とワクワクする冒険が詰まっていて、すぐにハマってしまい、毎週ジャンプの発売が楽しみになりました。
    思えば、自分の漫画好きはここから始まったのだと思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年03月24日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    ちょうどドラクエが大人気で自分や親がハマっていた時代に初めて漫画というものを読むようになったのがこのダイ大でした。親がドラクエ大好きだったのもあり(アニメもやっていましたね)毎巻買ってくれました。
    勇気や希望や仲間というものをこの漫画から学んだと思います。アバンストラッシュは皆で傘を持って真似しましたね(笑)
    今でも思い出したように急に読みたくなって読み返すことがあります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月23日
  • 匿名希望
    はじめてハマったマンガ
    魅力的な世界観、そして個性溢れるキャラクターたち。長編ですが、夢中で読める作品です。キャラクターの剣術や呪文などに注目し、ワクワクしながら読んでいました!そして何より、ポップが成長していく描写が素晴らしく、何度も涙しました。弱腰だった彼が勇気を出し、立ち上がっていく姿が印象的です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月23日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    小学校の頃に大好きだった漫画。
    今でも読み返します。
    お気に入りのキャラは、ポップ。
    最初は逃げ腰のポップだけど、仲間のために勇気を振り絞って立ち上がる姿は今でも感動します。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月23日
  • はじめてハマった漫画
    忘れもしない、初めてお小遣いで買った単行本が当時新発売だったダイの大冒険13巻でした。小学生のときでしたが、どのキャラクターも精いっぱい輝いていて、またストーリーもドキドキハラハラであっという間に全巻集めてしまいました。好きなキャラクターはやっぱりポップで、彼に勇気を習ったと思います。この漫画に一番最初に出会えて良かったです。この漫画がもっと多くの人に読んでいただけるようこれからも応援しています!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月23日
  • 総合的な完成度の非常に高い作品
    最終回までハラハラドキドキする展開が続き、飽きないまま終わりを迎えるストーリー。
    解りやすく、コミカルで愛らしい絵柄。
    様々な国や種族、呪文や技が登場し、壮大ながら読者を置いてけぼりにしない、世界観。
    ドラクエというメジャーでファンの多いゲームシリーズを土台にしながら、ゲームのファンには新しいストーリーと馴染みのモンスターや呪文で親しみを感じさせ、ゲームを知らなくとも十分に楽しめる独自の面白さも持っています。
    主人公のダイの純粋さや優しさは勿論、周囲のキャラや敵キャラも非常に魅力的です。特にポップの成長や葛藤は素晴らしいです。
    まだ読んだことがない方は、是非読んでみて下さい。
    性別、年齢問わず、間違いなく名作の一つに数えられる漫画です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年04月27日
  • 匿名希望
    少年漫画らしい少年漫画
    傘を振り回してアバンストラッシュをマネしていた思い出、ありませんか?
    懐かしくも新しい、普遍的にして熱い冒険譚を求めていませんか?
    ダイの世界へ、ようこそ!
    ドラクエ……と銘打ってはいますが、ゲームを知らなくても楽しめる、別世界のストーリーです。
    一応、呪文、アイテム、モンスター、職業などの世界設定は、ドラクエ3(ファミコン版)がベース。しかし作品オリジナル要素も多く、本家のゲームに影響した必殺技もありました。
    しっかりと描き込まれているのにクリアで見やすい絵柄と構図、ドラマ性の高い展開、熱いセリフの数々、味方だけではなく魅力的な敵キャラクター群は、まさに少年漫画のお手本といって良いでしょう。
    実は連載時は、もっと短く終わる予定でしたが、読者人気ゆえに連載延長。しかし、ジャンプにありがちな無理な引き伸ばしではなく、きちんと構成し直されましたのでダレませんでした。当時のムックに拠れば、原作の方がゴールをきちんと決めて書くタイプだったそうです。
    この物語が、さらに若い世代へ読み継がれることを期待します。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年07月02日
  • 『ダイの大冒険』は、幼心の僕にとってバイブルでした。それは、全国のこども達が真似し、僕も友人の後頭部に痛打を与えた必殺技・アバンストラッシュやブラッディスクライド。弟子たちを護るために散ったアバンの生き様。極悪非道ながら悪の美学を見せつけたフレイザード。美しき格闘家でヒュンケルとポップの間で思い悩む少女マァムとそのおっぱいで。幼き頃からダイを見守っていたパプニカ王国の王女レオナとそのおっぱい……、……いや、ホントはおっぱいなんてどうでもいいですがね、一応書いておかければいけないと、僕の魂が叫ぶのです。ともかくなにもかもが子どもたちを惹きつけてやみませんでした。中でも一番惹きつけられたのは、ポップというキャラクターの存在です。『ダイの大冒険』は国民的RPG『ドラゴンクエスト』の世界を下敷きに描かれたアクションファンタジー。世界を滅ぼそうとする大魔王バーンを倒すため、数奇な運命の元に生まれた勇者・ダイが仲間たちと冒険をするという筋書き。ダイの仲間のひとりがポップという魔法使いの少年です。このポップは、ダイの兄弟子にあたるのですが、登場したてはとにかく酷い。人間が腐ってる。仲間を見捨てて逃げるは、逃げた罪悪感をごまかすために自分に都合のいい、言い訳をするわ。もう見てられない。そんなポップは、さまざまな人々の働きかけによって変わっていきます。ダイを見捨て、逃げ出したポップを小悪党・まぞっほが言います。「勇者とは勇気ある者ッ!! そして真の勇気とは打算なきものっ!!相手の強さによって出したりひっこめたりするのは本当の勇気じゃあないっ!!!」そして、胸に残った小さな勇気を振り絞り、ポップは強大な敵に立ち向かい、そこからポップは変わり始めていきます。(やさぐれているまぞっほにも、後半で思わぬ見せ場があるのが『ダイの大冒険』の素晴らしい所です)様々な因縁や血統、才能をもった他のキャラクターに比べ、ポップは普通の臆病な人間でした。戦わなければいけない理由もなく、逃げてばっかりだったポップは、長い物語の最後には、勇者・ダイの最も信頼できる存在へと成長していくのです。ゲームの『ドラゴンクエスト』の世界で“勇者”は、ただ一人、世界を救うこと運命づけられた、生まれながらに特別な存在でした。けれどこの『ダイの大冒険』において描かれた勇者は、なけなしの勇気で全て立ち向かっていった“臆病者”だったのです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2013年02月22日