書籍の詳細

時は十月…ハロウィン一色! ジャック・オ・ランタンに襲われた出雲の街。千林を始め、人間と神々のタッグで街の平和を取り戻せ!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

かみありのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • やけにフレンドリーな神々(と時々悪魔)たちとの交流
    日本中の神様が出雲に集まる「神在月」に、女子高校生らと神様らが交流していく物語。
    大阪出身のヒロインがやたらと神様や使い魔らとのトラブルに巻き込まれるが、本人があっけらかんとしていて、むしろ軽快にツッコミしまくるので、とてもコミカルで引き込まれた。
    どの神様もとってもアホっぽく人間臭く描かれていて、それでいてちゃんと読むといろいろその神様についての雑学も散りばめられていて、ついつい後でその神様や元になった人物・神話などをWikipediaで調べたくなってしまう。
    そして、絵が可愛い。厳つい神様のイメージがある白虎が可愛い虎キャラで、何より子虎たちが誕生した時にはその可愛らしさに悶えた。
    投稿時点最新刊の7巻は全面ハロウィンの話だが、延々とジャック・オ・ランタンとのバトルを繰り広げており、ちょっと冗長。バトル系の漫画には向かない作者さんだなぁと思った。また元の神様群像劇に戻って欲しい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年10月31日