書籍の詳細

女装癖がある、同性が好き、“人とはどこか違う”…悩みを打ち明ける事で、クラスのいじめられっ子だった三島と、いじめっ子だった桐野は固い絆で結ばれる。しかし束の間の平和は、三島が社会科教師・柳田に目をつけられた事からガラガラと崩れ始める。小さな田舎町に駆け巡るウワサや、息子へ多大な期待を寄せる母の思い、その全てと対峙しながら三島と桐野、2人が導きだす答えとは――。(※本作はSIDE-Aの続編です)

総合評価
5.0 レビュー総数:7件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

スメルズ ライク グリーン スピリットのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    もっと有名になるべき漫画だと思います
    BLという括りで縛られてはいけない作品だと思います。
    これはBL好きな人もBL読んだことない人もみんな読むべき!
    心理描写が素晴らしいし深いテーマな割に笑えるところもある。
    読んだ後の余韻がものすごいし、色々と考えさせられる漫画でした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月16日
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    BLの中で一番大好きな作品です!
    なぜなら普通のBLとは違う男同士ゆえの同性愛の葛藤がちゃんと描かれているからです。
    せっかくBLという男同士の恋愛を描いているのだから、ただ単に男同士がイチャついていればいい訳じゃない!イチャつくだけなら普通の男女でもできる!
    私が求めていたBLをまさに具現化し、BLとはこうあるべきだ!と納得尽かせてくれた作品です。
    腐女子じゃない人にもぜひ読んでもらいたい名作です。泣けます。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年03月23日
  • ネタバレあり
    いい作品
    ゲイである事に悩む少年たち、周りの大人たちの
    反応もリアルなお話を見ているようでした。
    どの道に進むのが幸せか正解がないだけに、とても考えさせられました。
    桃源郷に行けずに帰る2人の別れの際のエールには胸が締め付けられました。

    胸を張っておすすめできる作品です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年11月17日
  • 良い作品です
    BLはたくさん読んで来ましたが、とても引き込まれる作品でした。
    先を読みたいと強く思うほど、ストーリーが面白かったです。

    主人公達やその母達の関係の描き方もよかったです。考えさせられました。

    BLとしての萌もあります。攻めの男の子、夢野君がどんどん男前になっていって素敵でした。優しく支えるキャラが、同級生の草壁君と似ているなと思いました。理想の恋人ですね。
    主人公達、みんな顔が綺麗。絵も凄くお上手です。

    • 参考になった 2
    投稿日:2014年10月17日
  • 高校生のころ。1990年代のオルタナを周りはみんな聴いていましたね。まぁ、やっぱりそっち系が好きな友達も多かったので、自然と自分も影響されていくというか。ネルシャツ着たり、小汚く髪を伸ばしたり、楽器弾いたり。今でもそういうのは格好よく見えます。やがて大学生になって、「ユー・ノウ・ユーアー・ライト」を初めて聴いたときはとても感慨深いものがありました。Inter FMで深夜にやっていた、今は亡き福田一郎氏の番組です。実家の私の部屋は深夜になるとInter FMがクリアに聴こえました。昼間はノイズがうるさくて聴けたものじゃありません。現代はPCやスマートフォンのアプリで、きれいな音でラジオを楽しめる時代です。便利になったと思う反面、どうして少しだけさみしいのでしょうか。さて、今回ご紹介するのは『スメルズ ライク グリーン スピリット』です。タイトルとか説明する必要ないですよね。読みました。私が読んで理解できる部分とそうでない部分はあります。ただ、誰もみな言葉にできない思いを抱えて生きているという点で非常に考えさせられました。読後は結構すっきり感があります。
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年04月29日
  • 匿名希望
    ずしっときた
    読み応えあって、いろいろ考えさられます。
    ゲイだけでなくトランスジェンダーもあり、母親達の反応やそれに対する葛藤など単にBLという括りでは語れない内容です。
    シリアスな中にギャグも散りばめられ、ホラーっぽくもあり、ラブやエロは味付け程度ですが、どんどん引き込まれます。しょっぱなのイジメシーンで引いてしまうかもしれないけど、それは最初だけなので、立ち読みでくじけそうになっても是非読んで頂きたい良作です。
    三島と桐野の関係は今までに見なかったパターンで、新鮮で微笑ましいです。バッドエンドではないし、それぞれが前を向いていますが、それだけにラストは胸が痛いです。
    皆に幸あれ!と叫びたくなります。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年03月27日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    ラストは涙が止まらなかった・・
    青春時代の残酷で煌めく様子を見事に描いた作品です。
    主人公の高校生やそれを取り巻く親や大人や周りの人達の様子が、まるで映画を見ているように見事に描かれてます。
    それぞれが選んだそれぞれの道・・行き方は違っても青春時代の輝く思い出だけは本物だよね・・
    書いていても涙が溢れるぐらい素晴らしい作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2013年12月22日