書籍の詳細

双子なのに似てない七糸と勇高。連絡が取れなくなった彼らの父に代わって、姿を見せたのは、父親の同僚・アーサーだった。17歳の誕生日を前に、二人がアーサーに連れて行かれた先は、なんとドバイ!?自分たちの身体にある「刻印」と「エージェント」の謎を巡って、彼らの運命が一転する!!刺激的なアラビアンナイトの開幕!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

1001のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 1001
    「今!アラブが熱いから!!」という当時の担当編集の一声から始まった(と記憶している)杉崎ゆきる先生の「1001(ナイツ)」。特筆すべきはそのタイトルセンス。「1001」と書いて「ナイツ」と読ませる意味は、勘の良い読者の皆様はすでにお気づきだと思いますが、千夜一夜物語からきています。アラビアンナイトの原点の地・ドバイの風景から、現代を飛び越えての千夜一夜の砂漠の世界まで。美しい魔神と共に、杉崎ゆきる先生が魅せてくれます!
    投稿日:2013年07月26日