レビューはありません
ここで生きる

魚の目が怖いと怯える奇妙な料理人見習いは、大磯の船宿の跡取り!江戸で唯一の旅籠付き小料理のどか屋に、同心が駆けこんだ。大川端に書き置きを残して、のどか屋の見習いが消えたというのである。江戸で二度の大火を経て、元侍の時吉とおちよの「のどか屋」は、これまで前例のない「旅籠付き小料理屋」となった。そこへ、大磯の網元船宿の跡取り由吉が見習いとして修業のためにやって来た。この由吉、料理の腕はそこそこなのだが、なぜか魚をさばく段になると、立ちすくんでしまう。魚の目が怖くて、かわいそうだというのである。そんなある日……。《本書に登場する小料理》・長芋の小判焼き ・鰹の皮の葱巻き ・白魚づくし ・筍の姫皮の梅肉和え ・蕪と油揚げのほっこり煮 ・豆腐飯 ・心の茶碗蒸し ・鯛飯 ・平目の三種盛り・胡椒飯 ・小鯵の南蛮漬け

  • 700(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 7pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細
  • 書籍名: ここで生きる
  • 著者名: 倉阪鬼一郎
  • eBookJapan発売日: 2016年12月01日
  • 出版社: 二見書房
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 4.7MB
  • 関連ジャンル: 小説・文芸小説・文芸 時代
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。