書籍の詳細

読者に信頼の厚い実在の霊能者・寺尾玲子シリーズ。メンタル系サイトである女性と知り合った相談者夫婦。女性は次第に夫婦の間に割り込むようになり、たまりかねて自宅への出入りを拒否してしまう。すると家のあらゆるところから女性のものと思われる大量の毛髪が見つかり、黒い筋、女性の生霊、ケモノらが出現するなど不気味な現象が起こり始めた。たまりかねた夫婦はある神社でお祓いを受けるのだが……。コンビニ版『HONKOWA』で掲載中の「魔百合の恐怖報告・裏話 沙弓は視た!」も新たに3作収録したお得版です。【収録作品】「もののけの通り道」「巣作りの女」「秘められた墓標」「狼の封印」「ゴーストクリーナー」「温泉宿の裸婦」「物件探しはオマケ憑き」

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

魔百合の恐怖報告のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 私が定期的にこの作品を読み始めてもう10年以上経ちますが、この手のオカルトっぽい作品が長く続くというのは、ほんとに珍しいのではないでしょうか。それは、恐怖報告という副題がついているにもかかわらず、怖がらせることに重点を置いていないからなのではと思います。著者である山本まゆりと友人で霊能力者の寺尾玲子が出会った奇妙な現象や、玲子の元に寄せられる心霊相談を受けての話を漫画化した構成。山本まゆりは他雑誌で霊能力者もののオリジナルを執筆していますが、本作では実録ということもあり、エンタメ要素を極力排除して怪異の核心を突くように描いています。で、読後に感じるのは、世の中不思議なことがあるもんだな、ということと、こういうことをするとこんな良くないことが起こるんだ、ということ。怪談落語や昔話にも通じる訓話めいた味わいがいいのですね。もちろん、魔を祓うという部分でのカタルシスもたっぷり。ひょっとしたら漫画にできないような失敗も…、なんて思わせない玲子のスーパーウーマンぷりがカッコいいです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2010年04月02日