書籍の詳細

群馬県の県立高校に通う拓海(たくみ)は車についての知識なんてほとんどない普通のとうふ屋の息子。ある日、拓海は親友の樹(イツキ)と共に、バイト先の先輩である池谷(いけたに)の走り屋チーム・秋名スピードスターズの走りを見に行くことに……。するとそこに赤城最速といわれる高橋兄弟が率いるチーム・赤城レッドサンズが現れ、秋名スピードスターズに挑戦を申し込んできた!!地元で負けるわけにはいかないと燃える池谷だったが……!?

総合評価
3.7 レビュー総数:4件
評価内訳

頭文字<イニシャル>Dのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「公道では交通ルールを守りましょう」
    ハチロクブームまで巻き起こして話題になった一方、峠(公道)でのバトルを描き物議をかもした作品でもあります(いろは坂のイン側にポールが立てられたのは、この漫画のせいだという噂も)。
    ダウンヒル限定だが、時代遅れのハチロクで最新車種(当時のですが)に勝ち続けるストーリーが受けたのですが、プロジェクトD編に入ってからは「負けたら解散」という設定のため、逆に緊張感が無くなってしまった気がします。
    実は作品中では主人公の拓海が免許を取ったところから始まり、高校卒業後一年間限定のプロジェクトDの活動に参加するという、二年くらいしかたっていない、20世紀を舞台にした物語だったりします(完結したのは2014年)。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年08月14日
  • 匿名希望
    後半に幻滅・・・・
    前半は掛け値無しに面白いが・・・・
    中盤からはバトルもの特有のマンネリで後半は神がかり・亡霊・死神と現実味無さ過ぎの展開
    カットも同じようなバトルと顔UP・・・・個人的には大人買いしちゃって大いに後悔しました

    もっと期待してたんだが・・・読み返ししたくなるのは20巻近辺までかな?非常に残念
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年07月17日
  • 匿名希望
    かっこいいね!
    のほほんとしている主人公と、バトルをすれば全てが判るらしいが、成長過程の主人公は、どこまで往くのか?
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年11月17日
  • いわずと知れた大人気コミック。かれこれ14年ぐらい前、クルマに興味がなかった私も友人にすすめられて読んだらものの見事にはまってしまいました。旧車が、最新のクルマと速さを競うという、その勝負シーンだけでも面白いのですが、“秋名のハチロク”などといったかっこいい通り名だとか、続々あらわれる敵(クルマ)とか、盛り上がる要素がいっぱいなんですね。登場するのが実車なので、詳しくなってしまいますし、次はどのクルマと戦うんだろうと楽しみポイントが増えてくる漫画です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年03月08日