書籍の詳細

ゲーム会社の主任・尾崎は、フリープログラマーが制作したというソフト「説得ゲーム」の作者を捜すことになる。そして、苦労して捜し出した作者は、なんと尾崎の高校の同級生の女性だった。自殺志願者を説得できなければ、このゲームは終わらない――。戸田誠二が贈る、切なくて温かい近未来ヒューマンSF短編集!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

説得ゲームのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 近未来SF仕立てで、森博嗣や瀬名秀明の小説などと同じ理系の雰囲気を漂わせた短編集。なのですが、作品全体として投げかけているのはむしろ”哲学”な印象を受けました。生きること、もしくは生きていくこと、というか。それが、脳を入れ替える手術や男性の出産、そして表題となっている自殺志願者を思いとどまらせるゲームなど、奇抜なアイデアの中でうまく主張されているのです。このテーマを一番感じたのは、「キオリ」という作品。自殺をはかった女性。だがその脳は無事。研究員たちは実験のためその脳を人工的に培養し、意思の疎通をはかる…。研究員の生い立ちと、女性の人生観を照らし合わせながら淡々と進むストーリー。それでも生きていく、ではどう生きるのか、と考えさせられ、ラストの漠然とした語りが切なさを倍増してくれます。他の作品でも、形は違えど同様な試みがなされているのでそれぞれの味わいを感じてみてください。あ、「タイムマシン」だけは違うかな? でも自分もタイムマシンがあったらこれはやってしまうかも。(2010/10/15)
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年10月15日
  • 舞台は今のこの現実とほとんど変わらない世界。しかし現実よりもほんのちょっとだけ科学が進歩していて、「脳の培養」や「タイムマシン」、「男の妊娠」などが実現している、という設定。普通、そういったフィクションの技術を軸に物語を作ろうとすると、どうしてもその“技術”がメインになってしまい、SF感の強いものになってしまいがち。しかしこの作品ではそうした技術はあくまで物語のための装置として使うだけで、メインは人間ドラマ。フィクションなのだけれど、どこか僕たちの今の世界と繋がっているような、そんな気分にさせられます。ドラマ『世にも奇妙な物語』などが好きな人はきっと気に入るのではないでしょうか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年01月26日