書籍の詳細

小津晃太朗、25歳。3年間の会社員生活から転職し、小田原女子高等学校に社会科教諭として赴任。春爛漫な新天地「女の園」で出会ったのはお年頃の女性教諭!英語教諭の原多香子は32歳の独身で…!?朔ユキ蔵が贈る、女子高ラブ・ストーリー!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ハクバノ王子サマのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ああ~っ……むっちゃイライラしますな。女子高に勤める主人公・小津晃太朗と、同僚の原多香子のラブストーリーですが、とにかくはっきりしない! 進展しない! 途中からは明らかにお互い好きあってるのがわかってるのにも関わらずあーだこーだと理由をつけてウダウダしやがります。もうほんっとめんどくせぇ! ……とはいえある程度の年齢になってくると、恋愛ってのは勢いだけではどうにもならなくなってしまうもの(なのか?)。だからこの作品に描かれている恋愛模様はそういう意味でリアルなものなのかも。でも僕だったらこんなめんどくさい恋愛、絶対したくないですけどね。ただ、知り合いの30代半ばの男性(既婚)は「このモヤモヤする絶妙な距離感が堪らないんだよ!」と絶賛しておりました。恋愛の仕方同様、感想は人それぞれのようです。
    • 参考になった 7
    投稿日:2010年03月09日