書籍の詳細

”警告の鐘”をもって、ついにバルトラインの帝都・城壁の町(ミュール)に王手をかけたザガノス軍。だが、レレデリク率いる帝国軍4万4千は城壁の町の救援には赴かず、トルキエ将国の首都・金色の町(アルトゥン)へ脱兎のごとく進軍する! それに立ち塞がる四将国。金色の町は防衛に適してはおらず、帝国軍を首都に行かせることはトルキエの滅亡を意味する。四将国は猛攻を凌げるか!? それともレレデリクの逆王手なるか!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

将国のアルタイルのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 将国のアルタイル
    「ロマン」。今では、すっかり手垢が付いた「単語遺産」のようなこの言葉。しかし、Google Earthでも覗けない「まだ見ぬ地平」そして「そこに躍動する人間」を活写した濃密な「物語」を求める心は不滅です。そんな無限の「ロマン」を湛えた21世紀の「絵巻物」こそ、この「将国のアルタイル」です。アラブの「細密画」を思わせる、圧倒的描きこみに、タクティカルな面白さが絡んだ、至上のエンターテインメント。独特の色香を放つキャラたちにもファン急増中!
    投稿日:2014年01月17日
  • 将国のアルタイル
    「ロマン」。今では、すっかり手垢が付いた「単語遺産」のようなこの言葉。しかし、Google Earthでも覗けない「まだ見ぬ地平」そして「そこに躍動する人間」を活写した濃密な「物語」を求める心は不滅です。そんな無限の「ロマン」を湛えた21世紀の「絵巻物」こそ、この「将国のアルタイル」です。アラブの「細密画」を思わせる、圧倒的描きこみに、タクティカルな面白さが絡んだ、至上のエンターテインメント。独特の色香を放つキャラたちにもファン急増中!
    投稿日:2013年07月26日