書籍の詳細

親を知らない夫。りんごと育った妻。夫婦は、りんごの村の禁忌を破った。――雪深いりんごの国に婿入りした雪之丞(ゆきのじょう)。昭和の激動から離れ、北の家族と静かに巡る四季は親を知らない彼の中になにかを降り積もらせてゆく。それは冬、妻の朝日(あさひ)が寝込んだ日。雪之丞の行動が、りんごの村に衝撃を与えた。りんごの時間が動き出す、田中相初連載作!

総合評価
4.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

千年万年りんごの子のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 素朴ながら美しさのある作品
    昭和の青森を舞台にリンゴ農家の長女とそこにお見合いで嫁いだお婿さんの話。
    最初は結婚生活を描いた日常物のような雰囲気ですが、ある出来事をきっかけに二人は不思議で恐ろしい出来事に巻きこまれていきます。
    地方の民話や伝承のような世にも奇妙な話が好きな人には特におすすめです。
    青森のリンゴ農家のシーンでは素朴な自然が美しく、引き込まれます。
    主人公が今の性格に至る原因となった生い立ち等にもしっかりと触れられており、単なる若夫婦の物語だけでなく、家族愛も感じさせる作品だと感じました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年04月08日
  • ものすごく、面白いです!!舞台は昭和20年代生まれの主人公「雪之丞」がお見合い相手の女性「朝日」の青森の家に、東京から婿入りすることから始まります。青森の家はりんご農園で、初めはほのぼのと読んでいたのですが…もう続きが気になる展開過ぎて…1巻を読み終えたら、どうなっちゃうの!??となります!「雪之丞」は生い立ちにコンプレックスを抱えていますが、「朝日」たち家族と過ごすうちに少しずつ変わっていきます。せっかく夫婦として素晴らしく幸せな日々が送れるところだったのに…。ああっ!是非読んでみて下さい。土地の風習や信仰からくる若干怪奇な、且つオカルトの香りもしつつで引き込まれる作品です☆もちろん二人の淡いかわいらしい恋心も必見です!
    • 参考になった 4
    投稿日:2013年12月06日
  • 千年万年りんごの子
    短編集「地上はポケットの中の庭」で注目を集めた、ITAN育ちの新鋭・田中相さんの初連載作。舞台は昭和の青森。りんご農家で幸せに暮らすはずが、夫が村の禁忌に触れてしまったがために、運命が急転。夫婦のドラマに民俗学的要素が絡み、スケール感、そして漫画の奥深さを十二分に楽しめる作品になっています。そして、その考え抜かれた構図に惚れぼれ! 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞や「このマンガがすごい!」2013オンナ編7位と、各方面で激賞。私自身、校了の度にその面白さに震えてます。ゾクゾクのちワクワク。
    投稿日:2013年07月26日