書籍の詳細

相棒である密偵・乾虎源太(トラゲン)を、東方支天衆護神民(とうほうしてんしゅうごしんみん)にさらわれてしまった九十九神遣いの倉橋しずめ。「彼を失っては生きていけない!」そう思ったしずめは、全力をかけてトラゲンを守ろうと誓う。しかし彼は、支天衆の手によって朱雀(すざく)に寄生されてしまった!!彼を助けるため、若き日の南方熊楠(みなかた・くまぐす)とともに巨大な敵に挑む!!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

九十九眠る しずめのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    明治十七年編に続きます
    作者が同じためヒーローとヒロインがサザンアイズの八雲とパイにダブってしまいます。話もサザンアイズの初期の雰囲気と似ていると思いました。明治十七年編と別れていますが特に区切りはありませんが明治十七年編は話の途中で打ち切りになっています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月14日