書籍の詳細

「男子生徒でなければ甲子園に出場することはできない」――。高野連の規則という高いハードルに挑む、ひとりの少女がいた。その名は麻生遥(あそう・はるか)。甲子園で優勝までした野球の名門校・港北大付属湘南高校。22年前、夏川啓吾をエースとして優勝して以来、10年以上県大会の予選止まりと低迷していた。そんな夏川の娘である遥は“あきらめない限り夢は叶う”という父の教えを胸に、港湘野球部に入部するが……。すべての高校野球ファンに贈る、渾身のリアル・スポーツ劇画登場!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

剛球少女のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • マラソンやレスリング、サッカー…いちいち例を挙げきれないくらい、なでしこが活躍するスポーツが増えています。そんな中で、高校野球の甲子園は女子のチャレンジが認められていません。日本高等学校野球連盟…いわゆる高野連の公式戦の大会参加者資格規定には、きちんと男子であることと明記してあります。大学野球もプロ野球もそんな規則は設けてません。『剛球少女 甲子園に賭けた夢』(原作:田中誠一 作画:千葉きよかず)の麻生遥は交通事故で亡くなった名投手の父親に憧れて、自らも甲子園のマウンドを目指そうという女子高生の物語です。タイトルに“剛球”と使われていますが、140キロを越えるような剛速球を投げるわけではありません。ちょっと野球が好きな人ならよく耳にする“生きた球”を武器に、甲子園を目指す名門野球部に入部します。当初は監督やチームメートからも女であることを理由に拒まれるのですが、その実力を見せ付けられて対応の仕方が変わってきます。練習試合で、強豪高校との激戦を経て、次第に世間も遥に注目して、実力があるのにどうして甲子園を目指してはいけないのかと騒ぎ始めます。やがて高野連も揺れ動き始めるのですが、遥は公式戦に出られるのかどうか、熱いクライマックスを満喫してください。現実の世界でも女子が甲子園を目指せる道があってもいいのに、と思わされました。(2013/5/10)
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年05月10日