書籍の詳細

ある年の子供会のキャンプで起きた謎の少女失踪事件――。以来、活動を停止していた子供会で二泊の同窓会が開かれた。犬丸ほのかはキャンプで目撃した「山姥」を探すために溝呂木と共に参加したが……?一体「山姥」とは何なのか、そして消えてしまった少女に何が起こっていたのか……!?鬼才コンビが贈る、異色サスペンス!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

バーバ・ヤガーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 人の醜悪な裏側をこれでもかと描いたホラー・サスペンス
    元々四ヶ月に一度の不定期連載だったので、正直どの人物が何したキャラだったか、どうストーリーが展開してきていたんだったか、サッパリだったのだが、単行本で一気読みして初めて理解した(笑)
    きづきあきら+サトウナンキらしい、人の醜悪な裏側をこれでもかと描いたホラー・サスペンス。サスペンスというには犯人が明らかになるのが早くて、全3巻のうち2巻中盤で分かってしまうのだが、そこからさらに事件の裏側というかドロドロとした過去とそれぞれの人物の思惑が次々に描かれ、ページを繰る手が止まらない。
    この、読み終わっても全くすっきりしない、重く沈んだ嫌~な読後感にさせてくれるのは、この作者ならではだな~。この作者の作品を読むといつもこうなるので、読むのを止めれば良いのだが、何だかんだ言ってこの作風が好きで読んでしまう。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月18日