書籍の詳細

【ページ数が多いビッグボリューム版!】天下分け目の一戦によって何度目かの戦国時代が終わり、平和な時代「EDO」を迎えた。しかしこの世から暴力はなくならない。不思議な技「忍空」を使う非情な残党から、みんなを守るため、忍空使いの風助は、元仲間でありながら対峙する。だが残党とは一体!?

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

NINKU―忍空―のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    面白かった
    久しぶりに見ましたが、面白かったです。
    セカンドステージ見たことないので、是非お願いします
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年06月01日
  • 決め顔が決まらないのにかっこいい
    表紙を見ていただいたらわかる通り、主人公がなんとも言えない顔です。
    作中では“カエル面”と言われたり、舌を引っ張られたり、なかなか散々な扱いをされます。
    それもシリアスな絵柄で描かれるので、ギャグのようでいて真剣なバトルが魅力的な作品です。

    主人公、風助は“忍空”と呼ばれる武術の使い手。
    忍空とは、忍術のような空手のような、それでいて自然に認められないと使えないちょっと不思議な武術。
    この作品は、同じ武術を学んだ仲間とともに過去を背負い、未来へと歩いている途中を描いたストーリー。
    離れ離れになった仲間を探しに行ったり、まったりと川に流されてみたり。

    台詞が無いコマで自然やギャグを表現することが多いので、
    ちょっとまったりしたいけどバトルな熱い要素も欲しい、熱く深くなりすぎず読みたい、そんな人におすすめです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年05月13日