書籍の詳細

マリナとの対話を経て自分の生きる道をはっきりと見定めたナッキー。周囲の人々に胸の内を正直に話し始める。そして、愛する両親に話す時が来た。言葉にならない想いを父親に見透かされてしまい絶句するナッキー。そしてようやく自分の使命を父親に告げるのだった。両親、トビオとの遺された僅かな日々を大切に生きようとするのだが……?

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

生徒諸君! 最終章・旅立ちのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    久し振りに読みました。
    悪たれ団という言葉に時代を感じつつ、その後の展開です。
    内容は、大人の皆とナッキーがどう進んでいくか?なのですが…
    バランスが、変わっていました。
    最後は何処に向かっていくのは気になっても、見続けることが出来ませんでした残念です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年08月11日