四月は君の嘘 (3)

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

君は、この曲をどう弾きたい?元天才少年、コンクールの舞台へ――「ピアノのコンクールに出て」。宮園(みやぞの)かをりの後押しを受け、有馬公生(ありま・こうせい)はコンクールへの出場を決意する。しかし、母に言われるがまま弾き続けていた少年は大きな壁にぶつかる。ショパンやバッハをどのように、そして誰のために弾けばいいのか……公生は苦しみを乗り越え、音楽を奏でられるのか!?

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

君は、この曲をどう弾きたい?元天才少年、コンクールの舞台へ――「ピアノのコンクールに出て」。宮園(みやぞの)かをりの後押しを受け、有馬公生(ありま・こうせい)はコンクールへの出場を決意する。しかし、母に言われるがまま弾き続けていた少年は大きな壁にぶつかる。ショパンやバッハをどのように、そして誰のために弾けばいいのか……公生は苦しみを乗り越え、音楽を奏でられるのか!?

  • 完結
平均評価(4.3 レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

2013年、講談社漫画賞少年部門を受賞した作品。国内外の数々のピアノコンクールで優勝し「神童」と呼ばれた主人公「有馬公生」くんは、母の死をきっかけにピアノを弾かなくなってしまうわけです。弾けなくなるって感覚は私にはわからないのですが、天才な感じですよね。そして芸術というのは「心」がとても大切なものなんだろうなぁと感じました。彼の日常は、本当に本当に悲しい、灰色のような毎日になってしまうのですが、そこでヴァイオリニストの天才少女と出会い、運命が変わり始めるのです!ピアノを弾く楽しさを少しずつ取り戻していく彼。私は熱中し、恋焦がれて、そして拒絶して、それでも依存してしまうぐらいにとことん取り組んだものがないので、何ともうらやましいなぁと思えた作品でした。どんどん面白くなってきた作品を是非読んでいただけたらと思います
  • 参考になった 10

ユーザーのレビュー

(1.0)

投稿日:2016年05月04日

よく出来たストーリー

キャラも魅力的で話に引き込まれていくのですが読み進めていけばいくほど設定に違和感を感じてしまいます…。
作り込まれたテレビドラマのような小細工もあります。このあたりは作者の意図なのか編集さんのアドバイスなのかわかりませんが冷めてしまいます。
好きな漫画家さんの好きなシーンの寄せ集めで、作者のこの話を描きたかったというのが伝わってこないのが残念です。
これが作者の魅力なのでしたら仕方ないのですが…。
  • 参考になった 6

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。