書籍の詳細

妻に先立たれて、ひとり暮らしの山田さん。でも彼の隣には愛すべき気まぐれねこ“しま”がいた――。ふたりのゆるゆる同居生活を、四季折々のエピソードでお楽しみください。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ぬくぬく~うたた寝編~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 凍てつきそうな寒い日が続いて、朝はぬくぬくの布団からなかなか起きられないですね。猫好きはもとより、猫が好きじゃなくても心をポカポカあたためてくれるのが、山田さんと愛猫しまの物語『ぬくぬく』です。年老いた山田さんとしまの、しみじみほのぼのとした毎日が短編で描かれているのですが、読んでいて目が離せなくなるのがこのふたりの関係性と、しまの行動の細やかな描写です。しまに対してあふれんばかりの愛情をそそぐ山田さんなのですが、しまは猫特有の甘えとしらんぷりを繰り返し、そのツンデレぶりがまたまた山田さんの愛情を高めていくようです。しまのおねだりの仕草やじゃれ方ひとつとっても猫なりに感情の表し方に違いがあって、本に見入っていると、しまと一緒に暮らしているような錯覚に陥るほどです。寒い日はあなたも、ぬくぬくしませんか。(2014/1/24)
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年01月24日