平家物語 (下)

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

寿永2年(1183年)7月、倶梨迦羅谷(くりからだに)で平家に大勝した木曾義仲は京に入る。後白河法皇に謁見した義仲は、従五位左馬頭(じゅごいさまのかみ)に叙され、朝日の将軍の称号を与えられる。しかし、京に入った木曾軍の雑兵達は略奪を始め、見かねた後白河法皇は、第82代後鳥羽天皇を擁立し、安徳天皇を抱える平家追討を義仲に命じる。一方、平家は太宰府落ちを余儀なくされながらも、長門国(ながとのくに、山口県)、新中納言知盛(しんちゅうなごんとものり)の協力のもと反攻の機会をうかがっていた。山陽道8ヵ国、南海道6ヵ国を討ちとった平家は、次第に勢力を取り戻し、天下は都の義仲、東の頼朝、西の平家と大きく3つの勢力に分かれた。一の谷の合戦、屋島の合戦、そして平家滅亡までを巨匠・横山光輝が描く!!

立ち読み(19ページ)

カゴに追加 300 円(税別)

寿永2年(1183年)7月、倶梨迦羅谷(くりからだに)で平家に大勝した木曾義仲は京に入る。後白河法皇に謁見した義仲は、従五位左馬頭(じゅごいさまのかみ)に叙され、朝日の将軍の称号を与えられる。しかし、京に入った木曾軍の雑兵達は略奪を始め、見かねた後白河法皇は、第82代後鳥羽天皇を擁立し、安徳天皇を抱える平家追討を義仲に命じる。一方、平家は太宰府落ちを余儀なくされながらも、長門国(ながとのくに、山口県)、新中納言知盛(しんちゅうなごんとものり)の協力のもと反攻の機会をうかがっていた。山陽道8ヵ国、南海道6ヵ国を討ちとった平家は、次第に勢力を取り戻し、天下は都の義仲、東の頼朝、西の平家と大きく3つの勢力に分かれた。一の谷の合戦、屋島の合戦、そして平家滅亡までを巨匠・横山光輝が描く!!

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 平家物語 (下)
  • 著者名: 横山光輝
  • eBookJapan発売日: 2009年04月24日
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 271ページ
  • 立読ページ数: 19ページ
  • ファイルサイズ: 32.9MB
  • 関連ジャンル: 少年マンガアクション歴史時代劇学習マンガ
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧3冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。