【最新刊】浮浪雲 90巻

ジョージ秋山

ジャンル:青年マンガ

400円 (税別)

4ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2015年11月06日

浮浪雲 90巻の内容

シリーズ書籍一覧 90冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

浮浪雲 90巻の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(5.0)

投稿日:2018年10月14日

いつの時代も、人は人。

浮浪雲が連載を始めたのは1973年だ。つまり今から40年以上も昔。
平成よりもずっと前の、昭和にはじまった作品だ。
にもかかわらず、読んでいても古臭さをまったく感じさせない。
舞台がいわゆる時代劇だからかもしれない。
それにしたって、作中の悩む人たちや人間模様は現代とあまり変わりが無い。
浮浪雲がふらふらしては、ところどころでちょっとしたことが起こる。
えっ、これで終わり?と思うようなエピソードも少なくはない。
悩む人たちを前にして、明確な答えや終着点は出さない。ただ浮き彫りにするだけだ。
勧善懲悪ではないし、かといってピカレスクでもない。
人間ってこういうものさ。といった割り切った観察眼の中に、ちょっとした温かみがある。
ちょっと一服。あるいは一休みして空に浮かぶ雲を見る。そんな息抜きができる漫画なんだと思う。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。