雪明かり

藤沢周平

講談社/文芸

ジャンル:文芸

730円 (税別)

8ポイント獲得(1%)
365ポイント獲得(50%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2009年04月17日

  • ポイントUP
ユーザー評価なし レビューを見る
  • ポイントUP
ユーザー評価なし レビューを見る

雪明かりの内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

雪明かりの詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

『蝉しぐれ』などの長編もいいが、藤沢周平の時代短編には長編とはまた違う味わいがあって、読む者を引きずり込んでしまう力があります。江戸時代を舞台にしてはいますが、そこで描かれる人間の営みはそのまま現代の私たちをとりまく人間模様に通底しています。表題作「雪明かり」では、密かに想ってきた義妹のために、武士が全てのしがらみから跳んで家との絶縁、許婚者との破約を決意するまでの葛藤がテンポのいい文体で描かれています。また「恐喝」では、たった一度の恩義を受けた娘が博打の借金のかたとして売り飛ばされようとするところを命がけで逃がしてやるやくざな男が胸を揺さぶります。一度は捨てた娘を救うために人を斬り、喜んで縄を受ける父が描かれる「入墨」。かけがえのない女のために命を投げ出す男たち、そしてその思いを受けとめる女たちの心情。一人静かに読みたい大人のための物語です。(2010/3/26)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。