書籍の詳細

19世紀後期の英国。ロウランド伯爵の館は、重く冷たい澱の中へと沈んでゆく。焦燥、不安、倦怠、疑惑、不信、詮方ない想い、独善、憂い、そして、裏切りと怒り。“家”の深部から潰えていくかのような悪寒に、家庭教師レイチェルは大切な教え子を守るための戦いを始める。聖誕祭を希望の光として……。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

Under the Roseのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • Under the Rose
    19世紀イギリスの伯爵家を舞台にして、情念豊かに描かれる愛と憎しみのヴィクトリアン・ストーリー。船戸明里先生の、徹底的にこだわり抜いた繊細で美麗な筆致と、大胆で緻密なストーリー展開に酔いしれてください。読めば必ず「ハマる」とんでもない作品です。どうか、ご覚悟を!
    投稿日:2015年11月30日